日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
敗者の美学 五輪コラム

敗者の美学

 勝者がいれば、必ず敗者がいる。「敗者の美学」では日本人選手はもちろん、海外の選手も含めた「敗者」の人間ドラマをクローズアップ。記者が思い入れたっぷりに語ります。

記事一覧

4年後はメダリストの歓声を/近代5種

[14日09:16]

<黒須成美、山中詩乃:複合(射撃・ランニング)>  スタンドからの歓声がうれしかった。近代5種最終種目の複合(射撃・ランニング)。今大会の五輪出場全選手の中で、最後の競技者としてゴールに戻ってきた黒…[全文へ]

3投敗退…ディーン即リオトレ/陸上

[13日09:25]

<ディーン元気:男子やり投げ決勝>  陸上男子やり投げで、期待のディーン元気(20=早大3年)は79メートル95の10位に終わった。3投中ファウル2つという不本意な内容で、8人で争う4投目以降に進め…[全文へ]

平井康翔 初五輪15位きっかけに/競泳

[12日10:00]

<平井康翔:オープンウオーター男子10キロ>  10日の水泳のオープンウオーター(OW)男子10キロで、明大4年生の平井康翔(22=柏洋スイマーズ柏)が1時間51分20秒1でトップから1分25秒0遅…[全文へ]

浜田5位「まだ強くなれる」/テコンドー

[11日09:00]

<浜田真由:女子57キロ級>  18歳に「世界5位」の満足感なんてなかった。テコンドー女子57キロ級の浜田真由(ベストアメニティ)は、9日の3位決定戦で力尽きた。2回戦で優勝したジョーンズ(英国)に…[全文へ]

村上、主将ジンクス破れず予選落ち/陸上

[10日09:21]

<村上幸史:男子やり投げ予選>  3度目の五輪。集大成となるべく舞台は、あえなく3投で終わった。男子やり投げ予選。村上幸史(32=スズキ浜松AC)は、3投目に逆転を狙い、顔をゆがめ、雄たけびをあげな…[全文へ]

岩尾先生「充実」の夏終わる/ホッケー

[9日10:57]

<岩尾幸美:女子ホッケー> <ロンドン五輪・ホッケー:日本2-1南アフリカ>◇8日◇女子9-10位決定戦  岩尾先生の熱い夏だった。ホッケー女子の日本は順位決定戦で南アフリカに勝ち、9位でロンドン…[全文へ]

第2の故郷に見せた積極ラン/陸上

[8日09:43]

<久保倉里美:女子400メートル障害準決勝>  傷ついた「第2の故郷」のために走った。女子400メートル障害準決勝3組。久保倉里美(30=新潟アルビレックス)はスタートから飛び出した。だが第2コーナ…[全文へ]

ガトリン銅「何も言えねぇ」/陸上

[7日09:45]

<ジャスティン・ガトリン:男子100メートル決勝>  ボルトとブレークのジャマイカコンビが歓喜に沸いた男子100メートル決勝。この2人の陰で、元金メダリストが銅メダルの喜びをかみしめた。ジャスティン…[全文へ]

西塔「まだ二流」と自覚した19の夏/陸上

[6日09:19]

<西塔拓己:陸上男子20キロ競歩>  「ライバル」に続くつもりだった。4日の陸上男子20キロ競歩で西塔拓己(19=東洋大)は五輪の洗礼を浴びた。序盤からリズムに乗れず、完走48人中、日本人2番手の2…[全文へ]

福士、充実の笑顔/陸上

[5日09:52]

<福士加代子:陸上女子1万メートル>  3度目で初めて見せた充実の笑顔だっただろう。陸上女子1万メートルで、福士加代子(30=ワコール)が日本人2番手の10位に入った。初めて出た04年アテネ五輪は、…[全文へ]

佐々木「途中から楽しくて」侍の大熱戦/バドミントン

[4日09:54]

<佐々木翔:バドミントン男子シングルス>  侍が華々しく散った。バドミントン男子シングルスの準々決勝で敗退した佐々木翔(30=トナミ運輸)は「このためにやってきたんだな。方向性に間違いはなかった」と…[全文へ]

小西の集中生んだ1発35円/射撃

[3日09:45]

<小西ゆかり:射撃女子25メートルピストル>  射撃代表の小西ゆかり(33=飛鳥交通)は「残念」と肩を落とすしかなかった。女子25メートルピストル予選に臨んだが、精密射撃が始まると震えが止まらなくな…[全文へ]

「スエマエ」大粒の涙 名コンビ幕/バドミントン

[2日10:41]

<末綱聡子、前田美順:バドミントン女子ダブルス>  「スエマエ」としては最後の五輪だったかもしれない。勝っても他の2ペアに得失ゲーム差で及ばない。バドミントンの女子ダブルスで、北京五輪4位の末綱聡子…[全文へ]

須佐「これでやめる」/ボクシング

[1日10:11]

<須佐勝明:ボクシング男子フライ級>  「異色の勝負師」の一世一代の戦いは、わずか9分間で終わった。アマチュアボクシング男子フライ級代表の須佐勝明(27=自衛隊)は、1回戦で18歳のメダル候補のラミ…[全文へ]

ウィーバー「チームの一員になれ光栄」/体操

[31日09:22]

<ジョーディン・ウィーバー:女子団体総合予選>  強国ゆえの悲劇が生まれ、女王が決勝進出を阻まれた。体操女子団体総合予選に出場したジョーディン・ウィーバー(17=米国)は最終種目の床運動の着地でバラ…[全文へ]

菅原「一生懸命な姿見てもらえた」/フェンシング

[30日09:50]

<菅原智恵子:女子フルーレ個人>  菅原智恵子(35=宮城クラブ)が前回の08年北京大会に続く、フェンシングでは日本人初の2大会連続ベスト8進出、7位入賞。表彰台には立てなかったが、やるべきことはや…[全文へ]

「敗者」の人間ドラマをクローズアップ

[27日10:36]

 勝者がいれば、必ず敗者がいる。日刊スポーツは五輪期間中、コラム「敗者の美学」と題し、日本人選手はもちろん、海外の選手も含めた「敗者」の人間ドラマをクローズアップ。記者が思 い入れたっぷりに語ります。…[全文へ]





競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム