日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
名言はこうして生まれた 五輪コラム

名言はこうして生まれた

 ドラマの数だけ言葉が残った。ロンドン大会で100年を迎える日本の五輪挑戦史、多くの選手たちが勝って笑い、敗れて泣いた。記録と記憶をつなぐ「言葉」を、当時の感動とともによみがえらせる。【編集委員 荻島弘一】

最新記事

記事一覧

「今まで生きてきた中で、一番幸せです」

[18日14:24]

<競泳・岩崎恭子~1992年バルセロナ五輪~>  92年バルセロナ五輪、14歳の金メダルに日本中が驚いた。競泳女子200メートル平泳ぎ、代表選考会2位で出場した岩崎恭子は、予選を2位で通過した。メダ…[全文へ]

「一本柔道というものを、私はずっと教えてもらってきたので」

[16日16:22]

<柔道・谷本歩実~2008年北京五輪~>  08年北京五輪柔道女子63キロ級、谷本歩実は2大会連続金メダルに輝いた。決勝ではライバルのドコス(フランス)に一本勝ち。「平成の女三四郎」は「ずっと一本柔…[全文へ]

「自分が弱いから負けた」

[14日14:07]

<柔道・篠原信一~2000年シドニー五輪~>  その瞬間、誰もが金メダルを疑わなかった。00年シドニー五輪柔道男子100キロ超級決勝戦、開始1分35秒で、篠原信一の内また透かしがフランスのドイエに決…[全文へ]

「ああ、もう中量級はコリゴリだ」

[12日14:09]

<柔道・関根忍~1972年ミュンヘン五輪~>  誰もが夢見る金メダル。手にしたほとんどが「人生が変わった」と言う。しかし、72年ミュンヘン五輪中量級(80キロ以下)を制した関根忍は違った。金メダルを…[全文へ]

「大和魂を世界に示したかった」

[10日14:00]

<レスリング・渡辺長武~1964年東京五輪~>  64年東京五輪のレスリングフェザー級決勝、渡辺長武(おさむ)はソ連のホハシビリを一方的に攻めた。優勝の瞬間、超満員にふくれた駒沢体育館のスタンドで日…[全文へ]





競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム