日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
体操評論・米田功 五輪コラム 体操評論・米田功

 ◆米田功(よねだ・いさお)1977年(昭52)8月20日、ドイツ・ハンブルク生まれ。8歳から体操を始め、全国中学個人総合優勝。清風高から 順大に進学し、98年NHK杯で、03年全日本で個人総合初優勝を遂げた。04年アテネ五輪で日本男子主将として28年ぶりの金メダルに貢献。種 目別の鉄棒でも銅メダルを獲得した。

チーム内村で次こそ金

<ロンドン五輪:体操>◇5日◇男子種目別床運動決勝

 内村がいい演技で締めくくれたのは、本当に良かった。種目別の1番手はほとんど事前のアップができない。体を動かさない状態が長く、盛り上がりも少ないため、非常に難しい演技となる。その中で最後ぴたりと着地を止めるのは、さすがだと感じた。

 しかし全体的に見れば、もっとできたという気持ちが正直なところだろう。リオ五輪に向けては、内村中心のチームを作った方がいいのではないかと思う。今回はエースが内村で、主将は田中和。しかし、主将も内村で良かったのではないか。内村が、チームや選手をどういった方向に導くかを決めていくチームがいいと思う。

 他競技を見ても、バレーボール女子の竹下さん、卓球女子の福原さんら、長いことチームを引っ張っている軸がある。リオで内村は代表として8年が経過する。エースとして主将として、内村のチームができた時、団体金メダルも見えてくる。

 [2012年8月7日9時21分 紙面から]



五輪体操コラム

Nikkan Olympic Gymnastics Columns
体操評論・米田功

体操評論・米田功

アテネ五輪団体総合金メダリストの米田功氏が五輪体操を評します。

内村の強い思いに他が追いついていない[9日10:45]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム