日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
サッカー評論・宮本ともみ 五輪コラム サッカー評論・宮本ともみ

 ◆宮本(みやもと)ともみ 1978年(昭53)12月31日、相模原市生まれ。97年プリマハム(現伊賀)入団。09年から東京電力でプレーし、11年から伊賀に復帰。97年に代表初選出。05年に長男を出産。翌年に復帰、同年代表にも再招集され、初のママさんなでしことして話題に。04年アテネ五輪、99年世界選手権(後のW杯)、03、07年W杯出場。代表通算77試合13得点。168センチ。59キロ。

1位通過で仏に雪辱したいはず

 なでしこジャパンの選手が、引き分けでよかった、なんて思っているはずがありません。スウェーデンとの引き分けは、最低限の結果でした。選手はきっと、1次リーグ2位通過することなんて、まったく頭に無いと思います。私もなでしこジャパンの一員としてアテネ五輪を戦っていますが、そんなことを考えている選手は、絶対にいないと言い切れます。

 かえってリベンジに向けて、選手は奮い立っているはずです。1次リーグF組1位通過をした場合、G組2位が予想されるフランスとの準々決勝。五輪前の親善試合(19日)に0-2で負けた相手との再戦です。それは必ず、モチベーションになっています。1次リーグを1位で突破して、フランスにリベンジを果たして、金メダルを目指す。みんなそう考えていると思います。

 2試合を戦い、疲れもたまる頃です。スウェーデン戦でも決定機は多く作っていて、あとは決めるだけでした。疲れがあっても、今まで積んできた練習を信じて、普段通りに戦えば心配ありません。次の南アフリカ戦は、なでしこの実力を見せつける意味でも大切な一戦です。たくさん得点を決めて、決勝トーナメントに向けて弾みをつけてほしいですね。

 [2012年7月30日9時50分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム