日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
セルジオ越後辛口ジャッジ 五輪コラム セルジオ越後辛口ジャッジ

 ◆セルジオ越後(せるじお・えちご) 1945年(昭和20年)7月28日、サンパウロ生まれ、日系2世。18歳で名門「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍しブラジル代表候補にも選ばれる。72年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多い。

この戦術でいい

<ロンドン五輪・サッカー:日本3-0エジプト>◇4日◇男子準々決勝◇マンチェスター

 3-0の勝利ではあるが、1次リーグから変わらず、内容はディフェンシブだ。FW永井から守備をして「全員で守って、守ってカウンター」という戦術が徹底されている。鋭い反撃から相手DFのレッドカードを誘うのも、今大会初戦のスペイン戦と同じだった。このチームはまだ横綱ではない。大関なのだから、結果だけを追い求めるなら、次からもこの戦術でいいと思う。

 そんな中で、DF吉田の存在は光っていた。守備陣を統率して、イレブンに安心感を与えていた。再び、中2日で激闘が待っているが、今日の試合で相手が最終的に9人となり、日本のDF陣には、それほど負担がかかっていない。これは朗報である。吉田を中心に、また厳しい守備からのカウンターという戦い方を狙っていけばいい。

 永井のケガだけが少々気がかりだ。今日の試合でも大津がトップに入った時にはプレスが効きにくくなっていた。そのあたりをどう戦うか。準決勝は勝たなければ意味がないのだから、また必死にひたむきに戦ってほしい。

 [2012年8月5日9時45分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム