日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
セルジオ越後辛口ジャッジ 五輪コラム セルジオ越後辛口ジャッジ

 ◆セルジオ越後(せるじお・えちご) 1945年(昭和20年)7月28日、サンパウロ生まれ、日系2世。18歳で名門「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍しブラジル代表候補にも選ばれる。72年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多い。

あまりにも無策だった

<ロンドン五輪・サッカー:日本1-3メキシコ>◇7日(日本時間8日)◇男子準決勝◇ウェンブリー

 メキシコはよく日本を研究していたよ。ここまで大活躍の永井に対して、走り込むスペースを与えず、MF陣から永井へと渡る縦パスのコースもしっかり切っていた。逆に、日本はプレスはかからないし、ボールも回らない。1人1人の技術で劣る上に、得点パターンを研究されてしまってはお手上げだったね。

 きちんと下調べをしてきたメキシコに対し、日本はあまりに無策だった。今大会無失点だった日本にとって、リードを許した状況でどうプレーするかは課題だったはず。だが、引いて守るメキシコ相手に何もできなかった。初戦でスペインに勝って勘違いし、劣勢でのシミュレーションを怠っていたのだろう。結局、スペインは3戦勝ちなしで敗退した。日本はその程度のチームに勝てただけで、この日のメキシコ戦の方が現実なんだ。

 ただ、なでしこだけに当たっていたスポットライトを男子にも向けた功績は大きい。これで五輪サッカーへの興味が薄い欧州諸国の考え方も変わるかもしれない。3位決定戦は韓国との感情的な銅メダル争いになるだろう。4位では慰めにもならない。最後の一戦に全力を尽くしてほしい。

 [2012年8月9日9時19分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム