日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
サッカー解説・鈴木良平 五輪コラム サッカー解説・鈴木良平

 ◆鈴木良平(すずき・りょうへい)1949年(昭24)6月12日、東京都生まれ。東海大卒業後、73年ボルシアMG留学、コーチ修業。75年ブ ンデスリーガ監督資格のS級ライセンス取得。84-85年シーズン、ビーレフェルトコーチ。85年日本女子サッカー初の専任監督就任。89年L リーグ日興証券ドリームレディース監督。98年福岡コーチ。現在解説者として活躍。

INACシステムだけではダメ

 今のなでしこジャパンの攻撃パターンはINAC神戸のあうんの呼吸にしかない。沢、川澄、大野のコンビネーションはあるがFW大儀見を生かすものがない。大儀見は前戦カナダ戦ほどではなかったがこの日も良かった。

 大儀見はカナダ戦で22回有効なポストプレーをしている。ほとんどの攻撃に参加し、2人がかりで来られてもキープできる。次戦は1位狙いか2位狙いの戦いかは分からないが、準々決勝以降を良いコンディションに持って行くことを考えるのなら、FW岩渕を90分間使うという考えがあってもいい。大儀見のパートナーが機能していない状態だけに、FW安藤とのコンビネーションを試す考えもある。

 また、MF宮間の状態が良くないのが気にかかる。キャプテンの責任感が強すぎるのか、ラストパスを出さなければという意識が強すぎる。もっと1人のプレーヤーとして地道にプレーした方がいい。さらにボランチのMF阪口にも最終ラインからのパスが少なく生かせていない。もっとこの2人に働いてもらわなければ、メダルは難しい。(女子日本代表初代監督)

 [2012年7月29日8時13分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム