日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
サッカー解説・鈴木良平 五輪コラム サッカー解説・鈴木良平

 ◆鈴木良平(すずき・りょうへい)1949年(昭24)6月12日、東京都生まれ。東海大卒業後、73年ボルシアMG留学、コーチ修業。75年ブ ンデスリーガ監督資格のS級ライセンス取得。84-85年シーズン、ビーレフェルトコーチ。85年日本女子サッカー初の専任監督就任。89年L リーグ日興証券ドリームレディース監督。98年福岡コーチ。現在解説者として活躍。

残った悪い雰囲気

<ロンドン五輪・サッカー:日本0-0南アフリカ>◇7月31日◇女子1次リーグF組◇カーディフ

 先発7人の選手を前の試合のスウェーデン戦から変えたが、攻撃の核になる阪口、宮間、大儀見の3人はそろって先発させるべきだった。阪口はボランチとして攻撃の最初の起点になる。宮間は攻撃の最後のパス、大儀見は決める選手。3人の核がいて、それに誰を組み合わせるかを試す試合にするべきだった。

 準々決勝へコンディションを整えるために休ませ、いろいろな選手を使うのは正しい。だが核の3人を使わなければ、岩渕も安藤も「試す」ではなくなってしまう。大儀見と岩渕、大儀見と安藤のコンビネーションを試すべきだったし、田中も阪口とのあうんの呼吸を感じないといけない。単なる消化試合になってしまった。

 内容もドタバタだったし、残ったのは悪い雰囲気だけ。1次リーグでカナダ、スウェーデンと戦い、ベストなチーム状態に戻っていない。今後さらに良くしていこうとしていたものが、途切れてしまう可能性がある。もっとこの試合の重要性は高かったはず。次につながらなければならなかったし、2位狙いでも、核を外してはチーム作りは考えられなくなる。

 [2012年8月1日9時59分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム