日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



サッカー Soccer
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日本戦速報
  5. 日程&結果
  6. 男子決勝T
  7. 女子決勝T
  8. 選手名鑑
  9. 競技メモ
  10. 五輪史
  11. 歴代成績
  12. なでしこジャパン

麻也号泣「僕のミス」/サッカー

試合に敗れ、号泣する吉田(撮影・松本俊)
試合に敗れ、号泣する吉田(撮影・松本俊)

<ロンドン五輪・サッカー:日本0-2韓国>◇10日(日本時間11日)◇男子3位決定戦◇カーディフ

 DF吉田麻也(23=VVV)と徳永悠平(28=東京)のオーバーエージ(OA)コンビが最後に力尽きた。2失点はいずれもロングボールからだった。前半38分、DFラインからのクリアボールの処理を、DF吉田が目測を誤ってかぶってしまうと、ボールに走り込んだFW朴主永が徳永ら3人のDFを振り切って先制点。後半12分にはゴールキックからのヘディングで競り合いに負け、DFラインの裏に流れたボールをMF具滋哲に決められた。

 吉田は「サッカーの内容で負けたとは思っていないが、ロングボールに対応できなかったのはCBの僕のミス。1次リーグではいい守備ができたが、最後の2試合ではできなかった」と涙。一夜明けてもまぶたは腫れたままで「次、韓国とやったら絶対に勝ちたい。早く試合がしたい」と、唇をかみしめた。

 最年長ながら、短期間でチームにとけ込んだ徳永も「ロングボール2本でやられたのは悔しい。OAで入ったので、苦しい時に勝たせてあげられなかったことに悔いが残る。選ばれた時からメダルを目標にやってきたので、取れなかったら自分の責任だと思っていた。自分の仕事ができたのか…。力不足を感じた」と、こうべを垂れた。

 チームはフィジカルコンディションのピークを1次リーグ初戦のスペイン戦に持っていった。だが、結果的に残り2試合で疲労の影響が出てしまい、尻すぼみの結果に。徳永は「初戦に全部出し切るつもりでやった。中2日でパフォーマンスが落ちる中でも勝ち切るタフさが必要」と、チームとしての課題を口にした。

 [2012年8月12日7時31分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム