日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



サッカー Soccer
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日本戦速報
  5. 日程&結果
  6. 男子決勝T
  7. 女子決勝T
  8. 選手名鑑
  9. 競技メモ
  10. 五輪史
  11. 歴代成績
  12. なでしこジャパン

ブラジル仲間割れで銀/サッカー

銀メダルに終わりピッチに座り込むネイマール。後方は歓喜するメキシコイレブン
銀メダルに終わりピッチに座り込むネイマール。後方は歓喜するメキシコイレブン

<ロンドン五輪・サッカー:メキシコ2-1ブラジル>◇11日◇男子決勝◇ロンドン

 ブラジル悲願の五輪金はならなかった。開始30秒でDFラファエウ(マンチェスターU)がパスを奪われ、メキシコFWペラルタに五輪史上最速ゴールを献上。今大会初めてリードを許して後半に突入すると、同30分にはFKから、再びペラルタにヘディングゴールを許した。

 ブラジルは2点を追う試合終了間際のロスタイムにフッキ(ポルト)の右足シュートで1点差に迫ったが、最後はオスカル(チェルシー)がゴール前でフリーのヘディングシュートを外して万事休す。主将のDFチアゴシウバ(パリサンジェルマン)が「我々は無防備だった」と頭を抱えた先制ゴールで流れを奪われ、終盤にはラファエウとジュアンジェズス(インテルミラノ)の両DFが言い合いを始めるなど、ゴタゴタぶりまで露呈してしまった。

 ネイマール(サントス)らフル代表でも活躍する豪華タレントをそろえ、優勝候補筆頭と言われていたカナリア軍団だが、84年のロス五輪、88年のソウル五輪以来、24年ぶり3度目の決勝戦も、金メダルには届かず。ネイマールは「誰だってミスをする。オレだって得点チャンスでミスをした。誰も責められないよ」とラファエウをかばっていた。

 [2012年8月13日7時35分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム