日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



競泳 Swimming
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日程&結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ
  7. メダル史

メダル11も金ゼロ反省…競泳陣帰国

帰国会見でメダルを掲げる、左から加藤、鈴木、寺川、星、上田
帰国会見でメダルを掲げる、左から加藤、鈴木、寺川、星、上田

 競泳日本代表が7日、ロンドンから帰国した。戦後最多のメダル11個を獲得したが、目標だった金メダルには届かず。メダリスト11人が並んだ都内での会見で、平井伯昌ヘッドコーチ(49)は「メダルの個数だけではなく、目標の金メダルがとれなかったことを反省するべきだ」と祝福ムードにクギをさした。

 ヘッドコーチは五輪までの任期満了で退任する意向。それでも「金メダルのためにやるべきことはある」と話した。国立スポーツ科学センター(JISS)との連携だ。北島はJISSのマルチサポートを受けて五輪連覇を果たした。「チーム北島」と呼ばれたJISSと現場のマネジメントをしたのが平井コーチ。「この連携をうまくしていくのが、金メダルにつながる」と側面からバックアップしていく考えを示した。

 00年シドニー大会以来の金メダルなし。日本水連の泉専務理事は「外国のチームから、ブロンズ(銅メダル)コレクターだと言われた」と話した。金を目指すなら屈辱的でもある。松田は「悔しい思いがある」と言い、入江は「リオでしっかり、いい色(金)のメダルを取れるように」と話した。4年後のリオデジャネイロ大会に向けた戦いは始まっている。【荻島弘一】

 [2012年8月8日9時25分 紙面から]



五輪競泳コラム

Nikkan Olympic Swimming Columns
競泳評論・高橋繁浩

競泳評論・高橋繁浩

元五輪代表の高橋繁浩氏(中京大教授)が五輪競泳を評します。

きっかけは寺川だった[6日09:44]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム