日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
データは語る 五輪コラム データは語る

 五輪の競技や出場選手の記録、データの持つ意味をより分かりやすく解説。

団体球技 男女メダルはバレーのみ

 国をかけた団体球技の戦いは、日本に限らず盛り上がる。今大会で日本は6競技中でサッカー、バレーボール、ホッケーに出場し、3チームがメダルを確定、または可能性を残す。日本のメダル1号はホッケー男子で、32年ロサンゼルス大会で銀だった。断トツでお家芸とまで言われたのがバレーボール。64年東京から実施され、「東洋の魔女」「ミュンヘンの奇跡」など伝説を作り、女子が10回で5個、男子も8回で3個獲得している。惜しまれるのがソフトボールで4回出場で3個、野球も5回で3個獲得していた。サッカーでアベックVは消えたが、他競技を含めても過去8回しかない。男女で表彰台となれば、日本ではバレーボールの3度に続く快挙となる。

 [2012年8月9日9時28分 紙面から]





競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム