日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



陸上選手名鑑

Athletics Member
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日程&結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ
  7. メダル史
  8. マラソンコース
  1. 男子
  2. 女子

代表46人(男子28人、女子18人)

※年齢は2012年7月27日時点

男子

江里口匡史(えりぐち・まさし)23歳 江里口匡史
所属 大阪ガス
出場種目 男子100メートル
経歴 1988年12月17日生まれ、熊本県出身、170センチ、60キロ
出身校 鹿本-早大
主な実績 09、11年世界選手権代表
ひと言 男子短距離界の若きエース。北京五輪400メートルリレー銅メダル朝原宣治コーチの愛弟子として大きな期待
山県亮太(やまがた・りょうた)20歳 山県亮太
所属 慶大
出場種目 男子100メートル
経歴 1992年6月10日生まれ、広島県出身、176センチ、67キロ。
出身校 広島修道高
主な実績 09年世界選手権ユース4位
ひと言 4月の織田記念で10秒08の日本歴代5位の好記録をマークし、主役に名乗り。中盤以降も伸びる走りを覚え成長
高瀬慧(たかせ・けい)23歳 高瀬慧
所属 富士通
出場種目 男子200メートル
経歴 1988年11月25日生まれ、静岡県出身、179センチ、62キロ
出身校 静岡西-順大
主な実績 11年世界選手権代表
ひと言 同じ富士通の先輩・高平を追う立場だったが、日本選手権では混戦の200メートルで初優勝。中盤からの加速力が特長だ
飯塚翔太(いいづか・しょうた)21歳 飯塚翔太
所属 中大
出場種目 男子200メートル
経歴 1991年6月25日生まれ、静岡県出身、185センチ、78キロ
出身校 藤枝明誠高
主な実績 10年世界ジュニア金
ひと言 2年前の世界ジュニア男子200メートルを制した「和製ボルト」。185センチの長身を生かしたダイナミックな走りが魅力
高平慎士(たかひら・しんじ)27歳 高平慎士
所属 富士通
出場種目 男子200メートル
経歴 1984年7月18日生まれ、北海道出身、180センチ、60キロ
出身校 旭川大-順大
主な実績 04年アテネ五輪、08年北京五輪代表、05、07、09、11年世界選手権代表
ひと言 北京五輪400メートルリレーで銅メダル。今回も日本男子短距離界をけん引する
金丸祐三(かねまる・ゆうぞう)24歳 金丸祐三
所属 大塚製薬
出場種目 男子400メートル
経歴 1987年9月18日生まれ、大阪府出身、177センチ、75キロ
出身校 大阪-法大
主な実績 08年北京五輪代表、05、07、09、11年世界選手権代表
ひと言 世界舞台での経験豊富な400メートルの第一人者。レース直前に見せる踊りにも注目だ
横田真人(よこた・まさと)24歳 横田真人
所属 富士通
出場種目 男子800メートル
経歴 1987年11月19日生まれ、東京都出身、178センチ、63キロ
出身校 立教池袋-慶大
主な実績 07、11年世界選手権代表
ひと言 冬期は米国で練習を重ねて、持ち前のスピードに磨き。日本人初の1分45秒台突入と準決勝進出を狙う
佐藤悠基(さとう・ゆうき)25歳 佐藤悠基
所属 日清食品
出場種目 男子1万メートル
経歴 1986年11月26日生まれ、静岡県出身、178センチ、60キロ
出身校 佐久長聖-東海大
主な実績 11年世界選手権代表
ひと言 日本男子長距離界のエース。駆け引きがうまく、ラストの切れ味光る。アフリカ勢にどこまで食い下がれるか
岸本鷹幸(きしもと・たかゆき)22歳 岸本鷹幸
所属 法大
出場種目 男子400メートル障害
経歴 1990年5月6日生まれ、青森県出身、170センチ、60キロ
出身校 大湊高
主な実績 11年世界選手権代表
ひと言 ポスト為末として登場した400障害の新エース。昨年世界選手権は準決勝に進出。自己ベスト48秒88更新なら決勝進出も
中村明彦(なかむら・あきひこ)21歳 中村明彦
所属 中京大
出場種目 男子400メートル障害
経歴 1990年10月23日生まれ、愛知県出身、180センチ、73キロ
出身校 岡崎城西高
主な実績 特になし
ひと言 10種競技がメーンながら、日本選手権400障害決勝で五輪参加A標準記録を突破して2位。ロンドン切符つかんだ変わり種
舘野哲也(たての・てつや)20歳 舘野哲也
所属 中大
出場種目 男子400メートル障害
経歴 1991年8月5日生まれ、茨城県出身、177センチ、73キロ
出身校 郁文館高
主な実績 特になし
ひと言 日本選手権でいきなり五輪A標準記録突破し、3位入賞したシンデレラボーイ。走るたびに自己記録を更新する発展途上スプリンター
九鬼巧(くき・たくみ)20歳 九鬼巧
所属 早大
出場種目 男子400メートルリレー
経歴 1992年5月18日生まれ、和歌山県出身、170センチ、64キロ
出身校 和歌山北高
主な実績 特になし
ひと言 日本選手権100メートルで高校時代からのライバル山県を振り切り2位フィニッシュ。小柄ながら躍動感あふれる走りで世界に挑む
中野弘幸(なかの・ひろゆき)23歳 中野弘幸
所属 愛知教育大大学院
出場種目 男子1600メートルリレー
経歴 1988年12月9日生まれ、愛知県出身、173センチ、67キロ
出身校 名古屋高
主な実績 特になし
ひと言 日本選手権400メートルで優勝した金丸に0秒05差と迫っての2位。来年から教員となる予定で今回が最後の五輪に
東佳弘(あずま・よしひろ)21歳 東佳弘
所属 関大
出場種目 男子1600メートルリレー
経歴 1991年5月7日生まれ、大阪府出身、172センチ、60キロ
出身校 大阪市立東高
主な実績 特になし
ひと言 日本選手権400メートル3位に飛び込み、マイルリレーの代表メンバーに選出。関大の現役学生としては76年ぶりの夏季五輪出場
山本聖途(やまもと・せいと)20歳 山本聖途
所属 中京大
出場種目 男子棒高跳び
経歴 1992年3月11日生まれ、愛知県出身、178センチ、66キロ
出身校 岡崎城西高
主な実績 特になし
ひと言 第一人者の沢野を破り初切符。名前の聖途は「聖火台に向けて一途に頑張る」の意味で、父久義さんは100メートルで国体制覇した選手
ディーン元気(でぃーん・げんき)20歳 ディーン元気
所属 早大
出場種目 男子やり投げ
経歴 1991年12月30日生まれ、兵庫県出身、182センチ、86キロ
出身校 市尼崎高
主な実績 特になし
ひと言 英国人の父を持つハーフで先祖は海賊だとか。84メートル28の日本歴代2位の記録を持ち、自己ベスト更新と五輪の表彰台も狙える逸材
村上幸史(むらかみ・ゆきふみ)32歳 村上幸史
所属 スズキ浜松AC
出場種目 男子やり投げ
経歴 1979年12月23日生まれ、愛媛県出身、185センチ、97キロ
出身校 今治明徳-日大
主な実績 04年アテネ五輪、08年北京五輪代表、05、07、09、11年世界選手権代表
ひと言 3度目五輪でディーンとともに上位狙う。日本代表選手団主将
室伏広治(むろふし・こうじ)37歳 室伏広治
所属 ミズノ
出場種目 男子ハンマー投げ
経歴 1974年10月8日生まれ、静岡県出身、187センチ、99キロ
出身校 成田高-中京大-中京大大学院
主な実績 04年アテネ五輪金、11年世界選手権金
ひと言 37歳の今なお進化し続ける鉄人。米国を拠点に調整し、ロンドンで再び金に挑む
ブログほか http://kojimurofushi.weblogs.jp/blog/blog_index.html
http://www.kojimurofushi.net/index.html
http://www.facebook.com/KojiMurofushi
右代啓祐(うしろ・けいすけ)25歳 右代啓祐
所属 スズキ浜松AC
出場種目 男子十種競技
経歴 1986年7月24日生まれ、北海道出身、196センチ、95キロ
出身校 札幌一-国士大-国士大大学院
主な実績 11年世界選手権代表
ひと言 196センチ長身生かし、日本人選手として初めて8000点台を記録した混成史上最強選手
藤沢勇(ふじさわ・いさむ)24歳 藤沢勇
所属 ALSOK
出場種目 男子20キロ競歩
経歴 1987年10月12日生まれ、長野県出身、164センチ、56キロ
出身校 中野実-山梨学院大
主な実績 09年アジア大会4位
ひと言 高校時代に長距離から転身。屈強な体で故障なく練習を積めることが強み。堅実な歩行が持ち味だ
西塔拓己(さいとう・たくみ)19歳 西塔拓己
所属 東洋大
出場種目 男子20キロ競歩
経歴 1993年3月23日生まれ、広島県出身、178センチ、61キロ
出身校 広島商高
主な実績 特になし
ひと言 東洋大陸上部5人目の五輪選手となった19歳。強い足腰と精神力で成長著しい若手のホープ。初の大舞台だが一発の魅力あり
谷井孝行(たにい・たかゆき)29歳 谷井孝行
所属 佐川急便
出場種目 男子50キロ競歩
経歴 1983年2月14日生まれ、富山県出身、167センチ、57キロ
出身校 高岡向陵-日大
主な実績 04年アテネ五輪、08年北京五輪代表、05、09、11年世界選手権代表
ひと言 ジュニア時代から競歩界リードするエリート選手。アテネの15位超え狙う
藤原新(ふじわら・あらた)30歳 藤原新
所属 ミキハウス
出場種目 男子マラソン
経歴 1981年9月12日生まれ、長崎県出身、167センチ、54キロ
出身校 諫早高-拓大
主な実績 09年世界選手権代表
ひと言 北京五輪の代表補欠。2月の東京で2時間7分48秒の好記録でブレーク。無職ランナーから社長ランナーに変身
ブログほか @arata_run
山本亮(やまもと・りょう)28歳 山本亮
所属 佐川急便
出場種目 男子マラソン
経歴 1984年5月18日生まれ、兵庫県出身、173センチ、60キロ
出身校 長田高-中大
主な実績 12年びわ湖4位
ひと言 兵庫の進学校・長田高から中大法学部へ進学した頭脳派ランナー。粘り強い走りの佐川が誇る「飛脚」ランナー
中本健太郎(なかもと・けんたろう)29歳 中本健太郎
所属 安川電機
出場種目 男子マラソン
経歴 1982年12月7日生まれ、山口県出身、173センチ、58キロ
出身校 西市高-拓大
主な実績 11年世界選手権10位
ひと言 父も元マラソンランナー、母は実業団の元中距離選手の陸上一家。昨年世界を経験し安定した走りで入賞狙う
鈴木雄介(すずき・ゆうすけ)24歳 鈴木雄介
所属 富士通
出場種目 男子20キロ競歩
経歴 1988年1月2日生まれ、石川県出身、169センチ、57キロ
出身校 小松高-順大
主な実績 11年世界選手権8位
ひと言 高校時代に世界ユースで銅メダルを獲得した日本競歩界のホープ。スピードへの対応能力は高く、ラスト5キロ粘れるか
森岡紘一朗(もりおか・こういちろう)27歳 森岡紘一朗
所属 富士通
出場種目 男子50キロ競歩
経歴 1985年4月2日生まれ、長崎県出身、184センチ、66キロ
出身校 諫早高-順大
主な実績 05、07、09、11世代表
ひと言 日本一美しい歩型を誇り、安定した強さが魅力。昨年の世界選手権50キロ6位を上回る成績狙う
山崎勇喜(やまざき・ゆうき)28歳 山崎勇喜
所属 自衛隊
出場種目 男子50キロ競歩
経歴 1984年1月16日生まれ、富山県出身、179センチ、63キロ
出身校 富山商高-順大
主な実績 04、08五代表、05、07世代表
ひと言 北京五輪50キロで7位に入り、日本人競歩では史上初の入賞。故障乗り越えベテラン復活

女子

福島千里(ふくしま・ちさと)23歳 福島千里
所属 北海道ハイテクAC
出場種目 女子100、200メートル
経歴 1988年6月27日生まれ、北海道出身、165センチ、50キロ
出身校 帯広南商高
主な実績 08年北京五輪代表、09、11年世界選手権代表
ひと言 100メートル、200メートルの日本記録保持者。昨年世界選手権で両種目で準決勝進出
新谷仁美(にいや・ひとみ)24歳 新谷仁美
所属 ユニバーサルエンターテインメント
出場種目 女子5000メートル
経歴 1988年2月26日生まれ、岡山県出身、165センチ、44キロ
出身校 興譲館高
主な実績 11年世界選手権代表
ひと言 07年東京でマラソン初挑戦で初優勝。日本選手権5000メートルで福士破り新トラックの女王
吉川美香(よしかわ・みか)27歳 吉川美香
所属 パナソニック
出場種目 女子1万メートル
経歴 1984年9月16日生まれ、神奈川県出身、155センチ、39キロ
出身校 荏田高
主な実績 特になし
ひと言 中距離選手として活躍したが長距離でも才能開花し、日本選手権1万メートルで初優勝。小学校時代までは女子サッカー選手として活躍
福士加代子(ふくし・かよこ)30歳 福士加代子
所属 ワコール
出場種目 女子1万メートル
経歴 1982年3月25日生まれ、青森県出身、160センチ、45キロ
出身校 五所川原工高
主な実績 04年アテネ五輪、08年北京五輪代表、03、05、07、09年世界選手権代表
ひと言 マラソンでの五輪出場は果たせなかったがトラックでの安定感は今なお抜群
木村文子(きむら・あやこ)24歳 木村文子
所属 エディオン
出場種目 女子100メートル障害
経歴 1988年6月11日生まれ、広島県出身、168センチ、52キロ
出身校 祇園北-横浜国大
主な実績 特になし
ひと言 4月の織田記念で13秒04の日本歴代3位のタイムをマークした美女スプリンター。日本人初の12秒台を狙う
久保倉里美(くぼくら・さとみ)30歳 久保倉里美
所属 新潟アルビレックス
出場種目 女子400メートル障害
経歴 1982年4月27日生まれ、北海道出身、161センチ、52キロ
出身校 旭川北-福島大
主な実績 08年北京五輪代表、07、09、11年世界選手権代表
ひと言 昨年世界選手権で準決勝進出。北京に続く2度目の五輪で決勝狙う
土井杏南(どい・あんな)16歳 土井杏南
所属 埼玉栄高
出場種目 女子400メートルリレー
経歴 1995年8月24日生まれ、東京都出身、157センチ、47キロ
出身校 朝霞第一中
主な実績 特になし
ひと言 中学&高校の日本最高記録を保持する16歳スプリンター。日本選手権で女王福島にあと一歩。日本全選手団の最年少選手
高橋萌木子(たかはし・ももこ)23歳 高橋萌木子
所属 富士通
出場種目 女子400メートルリレー
経歴 1988年11月16日生まれ、埼玉県出身、170センチ、59キロ
出身校 埼玉栄-平成国際大
主な実績 09、11年世界選手権代表、10年アジア大会銅
ひと言 男子並みのストライド誇り、福島の良きライバルとして活躍。愛称「モモ」
佐野夢加(さの・ゆめか)27歳 佐野夢加
所属 都留文科大職
出場種目 女子400メートルリレー
経歴 1985年6月1日生まれ、山梨県出身、160センチ、52キロ
出身校 駿台甲府-都留文科大
主な実績 10年アジア大会銅
ひと言 広州アジア大会400メートルリレーで3走として銅メダル。日本選手権100メートル4位で悲願の代表
市川華菜(いちかわ・かな)21歳 市川華菜
所属 中京大
出場種目 女子400メートルリレー
経歴 1991年1月14日生まれ、愛知県出身、164センチ、48キロ
出身校 岡崎城西高
主な実績 特になし
ひと言 中京大入学後、青戸慎司監督の指導で才能が開花。キュートなルックスで名前の通り華のある美女スプリンターとしても注目
我孫子智美(あびこ・ともみ)24歳 我孫子智美
所属 滋賀レイクスターズ
出場種目 女子棒高跳び
経歴 1988年3月17日生まれ、滋賀県出身、173センチ、53キロ
出身校 光泉-同大
主な実績 特になし
ひと言 日本選手権で4メートル40の日本記録を樹立して優勝し、五輪参加記録も突破しての夢舞台。175センチの長身魅力
海老原有希(えびはら・ゆき)26歳 海老原有希
所属 スズキ浜松AC
出場種目 女子やり投げ
経歴 1985年10月28日生まれ、栃木県出身、164センチ、70キロ
出身校 真岡女-国士大
主な実績 11年世界選手権代表
ひと言 62メートル36の日本記録で五輪切符獲得。164センチと小柄ながら「女ムラカミ」と呼ばれる小さな巨人
渕瀬真寿美(ふちせ・ますみ)25歳 渕瀬真寿美
所属 大塚製薬
出場種目 女子20キロ競歩
経歴 1986年9月2日生まれ、兵庫県出身、161センチ、50キロ
出身校 須磨学園-龍谷大
主な実績 07、09、11年世界選手権代表
ひと言 昨年世界選手権で2大会連続の入賞狙うも脱水症状起こし途中棄権。その悔しさ五輪で晴らす
川崎真裕美(かわさき・まゆみ)32歳 川崎真裕美
所属 富士通
出場種目 女子20キロ競歩
経歴 1980年5月10日生まれ、茨城県出身、167センチ、52キロ
出身校 下館二高
主な実績 04年アテネ五輪、08年北京五輪代表、05、07、09年世界選手権代表
ひと言 北京五輪で日本人女子競歩最高14位。3度目の五輪に競技人生の集大成をかけて入賞狙う
重友梨佐(しげとも・りさ)24歳 重友梨佐
所属 天満屋
出場種目 女子マラソン
経歴 1987年8月29日生まれ、岡山県出身、168センチ、50キロ
出身校 興譲館高
主な実績 12年大阪優勝
ひと言 名門・天満屋から飛び出したホープ。前半から積極的な走りが持ち味の大型ランナーで、日本女子の新エースに名乗り
木崎良子(きざき・りょうこ)27歳 木崎良子
所属 ダイハツ
出場種目 女子マラソン
経歴 1985年6月21日生まれ、京都府出身、157センチ、43キロ
出身校 宮津高-仏教大
主な実績 10年アジア大会5000mメートル8位、11年横浜優勝
ひと言 トラックで磨いたスピードが持ち味。父和夫さんは順大時代に箱根駅伝で活躍
尾崎好美(おざき・よしみ)31歳 尾崎好美
所属 第一生命
出場種目 女子マラソン
経歴 1981年7月1日生まれ、神奈川県出身、155センチ、41キロ
出身校 相洋高
主な実績 09年世界選手権銀
ひと言 バルセロナ五輪4位の山下佐知子監督が手塩にかけた愛弟子。2度世界選手権を走り、安定感は代表メンバーの中でも随一
大利久美(おおとし・くみ)26歳 大利久美
所属 富士通
出場種目 女子20キロ競歩
経歴 1985年7月29日生まれ、山形県出身、161センチ、46キロ
出身校 西武文理高-日本女体大
主な実績 09、11世代表
ひと言 高校から陸上を始めた遅咲きの美女ウォーカー。大きな腕振りで前半からの積極的なレースが持ち味


五輪陸上コラム

Nikkan Olympic Athletics Columns
陸上評論・瀬古利彦

陸上評論・瀬古利彦

往年名ランナーで日本陸連理事の瀬古利彦氏が陸上競技を評します。

小さな「のろし」は上がった[13日09:24]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム