日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
セルジオ越後辛口ジャッジ 五輪コラム セルジオ越後辛口ジャッジ

 ◆セルジオ越後(せるじお・えちご) 1945年(昭和20年)7月28日、サンパウロ生まれ、日系2世。18歳で名門「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍しブラジル代表候補にも選ばれる。72年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多い。

攻めて勝つ日本になれ

<ロンドン五輪・サッカー:メキシコ2-1ブラジル>◇11日◇男子決勝

 メキシコの戦い方は、スペインを破った日本の戦い方によく似ていた。30秒で先制点を奪い、精神的に優位に立った。徹底的に引いて守り、時折カウンターで相手をヒヤリとさせる。イライラしたブラジルは選手同士が言い合いを始めるなど、雰囲気や連係面でも崩壊してしまった。

 今大会は全体的に、格下のチームがこういう戦い方で番狂わせを起こすという試合が多かったように思う。ネイマールやフッキをそろえたブラジルであっても、引いた相手から得点するのは難しい。先制したチームが守備的になるのもしょうがない。

 もちろんメキシコは個人技にたけ、優勝に値するチームだった。だが日本もそうだが、いつまでたっても強い相手と戦う時は「守って、守ってカウンター」では進歩がない。日本には、最終的には「攻めて、攻めて、勝つ」というチームを作り上げてほしい。五輪の決勝を見ながら、そう思った。

 [2012年8月13日9時25分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム