日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
データは語る 五輪コラム データは語る

 五輪の競技や出場選手の記録、データの持つ意味をより分かりやすく解説。

「文武両道」お手本?秋田県は金7個

 女子レスリングで小原が悲願を達成した。個人種目に限ると、青森県にとっては男子柔道の斉藤、伊調に続いて3人目の金メダリスト。金は6個、メダリストは9人目で通算14個になった。今大会で男子体操の内村が長崎、女子柔道で松本が石川で第1号。金メダリストが生まれたのは47都道府県中で33となった。最多は北海道の8人で、茨城7人、愛知と福岡が5人で続く。メダリスト合計1位は大阪が21人で27個、2位は東京の11人で24個と北海道の11人で13個。数でいえば、やはり人口の多い大都市となる。地方健闘組は青森に加えて秋田。金メダリストは4人で7個、メダリストも7人で20個。全国学力テストも上位を維持し、文武両道のお手本? ちなみに山梨、長野、福井、沖縄の4県はメダルを獲得していない。

 [2012年8月10日9時21分 紙面から]





競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム