日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
五輪ヒーロー・ヒロイン列伝 五輪コラム

五輪ヒーロー・ヒロイン列伝

 ロンドン五輪では日本選手への期待はもちろん、大舞台で新たなヒーロー、ヒロインの登場も楽しみなところ。あなたの記憶に今も残る、偉大なアス リートたちをプレーバックする。

今も破られない10秒49/フローレンス・ジョイナー

88年、ソウル五輪女子100メートルで優勝したジョイナー
88年、ソウル五輪女子100メートルで優勝したジョイナー

<フローレンス・ジョイナー(米国=陸上女子)>

 ちょっと縮れた長い髪を後ろに束ね、派手な化粧、ネイルカラーをした長い爪、ハイレグのウエア…名前を聞くと、その姿がすぐに思い浮かぶ。88年ソウル大会で女子100メートル、200メートル、400メートルリレーの3冠。記録もそうだが、記憶に残るランナーだった。

 五輪前の全米選手権で100メートル10秒49の世界新。追い風がすごかったなどと「疑惑」を持たれたが、五輪本番決勝で「疑い」を晴らした。スタートからレースをリード、後続のアシュフォード(米国)に3メートル差をつけ、両手の人さし指を上げながら、笑顔でゴールに飛び込んだ。追い風参考ながら10秒54の圧勝だった。

 2冠目の200メートル。決勝のスタート直前、大きなあくびをした。ゴール手前10メートルでは白い歯をみせて笑った。会心のレースで21秒34の世界新。ともに歩んできた夫でコーチのアル(ロサンゼルス大会3段跳び金)に「お姫様だっこ」で祝福された。リレーではアンカーを、敬意を表してアシュフォードに譲った。余勢をかって1600メートルリレーではアンカーで出場。ソ連に敗れたが2位になった。

 84年ロサンゼルス大会から4年での急激な体形変化、タイム上昇で薬物疑惑もうわさされたが、ソウル大会後、29歳で引退。98年9月、心臓発作のため38歳で死去した。100メートル、200メートルの世界記録はまだ破られていない。

 [2012年7月27日14時47分]





競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム