日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
五輪ヒーロー・ヒロイン列伝 五輪コラム

五輪ヒーロー・ヒロイン列伝

 ロンドン五輪では日本選手への期待はもちろん、大舞台で新たなヒーロー、ヒロインの登場も楽しみなところ。あなたの記憶に今も残る、偉大なアス リートたちをプレーバックする。

政治に翻弄される中での英国勢の戦い/コー

<セバスチャン・コー(英国=陸上男子中距)>

 「宿命のライバル」とよく言われるが、コーとスティーブ・オベット(英国)の陸上中距離種目で世界新更新合戦を繰り広げた戦いは、まさにそれだった。

 西側諸国がボイコットした80年モスクワ大会。英国は国旗ではなく五輪旗で参加した。得意の800メートルでオベットに0秒45差で敗れる。オベットが得意の1500メートルでは逆に0秒59差をつけて金メダル。2人の張り合いは、欧州でもともと人気があった中距離をさらに人気種目に押し上げた。

 東側諸国がボイコットした84年ロサンゼルス大会。ここでもコーは800メートルでクルーズ(ブラジル)に敗れて2位となる。五輪初の連覇を狙った1500メートル。再び、オベットとの対決。残り1周を過ぎたところで、オベットは故障してレースをやめた。ラスト200メートルでコーはスパート。追いすがるクラム(英国)を振り切り、3分32秒53の五輪新で、快挙を成し遂げた。政治に翻弄(ほんろう)された2大会で金メダル、銀メダル各2個を獲得した。

 引退後、92年に下院議員に当選した。ロンドン五輪招致委員会委員長を経て、ロンドン五輪組織委員会会長に就任。自らが力を注いだ大会は、27日に開幕する。(おわり)

(2012年7月22日付、日刊スポーツ紙面より)

 [2012年8月10日15時58分]





競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム