日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
負けない!日本~スポーツ100年~ 五輪コラム

負けない!日本~スポーツ100年~

 金メダルのドラマが感動を生み、日本人を勇気づけた。日本のスポーツを統括する大日本体育協会(現日本体育協会)創立は、101年前の1911年(明44)。日本の五輪参加もロンドン大会で100年となる。逆境をはね返した金メダリストの偉業を振り返る。【編集委員 荻島弘一】

最新記事

記事一覧

運動オンチ…猛練習で日本悲願/柔道・上村春樹

[20日13:28]

<1976年モントリオール五輪>  日本柔道界の悲願を達成したのは、174センチ、104キロの上村春樹だった。76年モントリオール大会、無差別級金メダル。東京大会の神永昭夫、ミュンヘン大会の篠巻政利…[全文へ]

おかゆから学んだリーダーとは/レスリング・吉田義勝

[19日14:18]

<1964年東京五輪>  金メダルを紛失したレスラーは、小林孝至だけではない。同じ日大レスリング部の吉田義勝。64年東京大会フリー・フライ級(52キロ以下)の優勝者だ。65年3月、卒業式の両国・日大…[全文へ]

下の毛剃ってまで狙ったロス/レスリング・小林孝至

[18日14:20]

<1988年ソウル五輪>  これまでの五輪で24個の金メダルを獲得している日本レスリング。その中で、最も知名度の高い男子選手は小林孝至かもしれない。88年ソウル大会フリー48キロ級優勝。顔と名前は、…[全文へ]

78キロで無差別級の全日本制覇/柔道・岡野功

[17日16:29]

<1964年東京五輪>  柔道が五輪競技となった64年東京大会、20歳の岡野功は中量級で金メダルを獲得した。これが「昭和の三四郎」誕生のきっかけだった。多くの選手にとって五輪はゴールだが、岡野は違っ…[全文へ]

世界を震撼させた「またさき」/レスリング笹原正三

[16日16:14]

<1956年メルボルン五輪>  56年メルボルン大会、笹原正三(82)は圧倒的な力で金メダルに輝いた。レスリングのフリー・フェザー級、最大の武器は相手の背後から片方の足を決め、上半身をねじるようにし…[全文へ]





競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム