日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
爲末大学 オリンピックを考える 五輪コラム

爲末大学 オリンピックを考える

 五輪に3度出場、世界選手権で2度銅メダルを獲得し、先ごろ引退したばかりの侍ハードラーが、独自の視点から五輪を斬る。社会派アスリートが現地で見て、感じた世界最高峰の戦いを語る。

最新記事

記事一覧

韓国は五輪精神を傷つけた

[13日09:24]

 17日間に及ぶオリンピックが終わった。現役を終えてからは初めての観戦者としてのオリンピックは、遠い世界になったようで、でも昔の記憶も思い出されるようで、不思議な気分で見ていた。今日はあらためて五輪を…[全文へ]

敗者に伝えたい 君たちは素晴らしい

[11日08:52]

 女子レスリングが3つ金メダルを獲得して、女子サッカーが銀メダルに輝いた。初日から続く連日のメダルラッシュをスタジオで見ていて、ふとある選手の特集に目が止まった。浜口京子さんだ。  短いVTRは彼女…[全文へ]

管理型から脱却し自立した選手出よ

[8日09:42]

 お家芸と言われた女子マラソンが、メダル・入賞なしに終わった。選手たちは精いっぱい努力したと思うのだけど、残念ながら少し世界との差が開き始めているように思う。いろんなところでその原因が語られているが、…[全文へ]

「栄冠を与える立場になる」戦いへ

[7日16:00]

 400メートルハードルの高さは91・4センチで、なんでそんなに半端かというと、3フィート(1フィート=30・48センチ)をもとにして設定しているかららしい。中学生の頃、中途半端な高さを見て興味を持っ…[全文へ]

自分のために競技してほしい

[5日09:49]

 今回、特に柔道の選手たちが試合後に、「勝てなくてすいませんでした」とインタビューに答えているのをよく目にした。日本のお家芸としての期待や、必ず金をとらなければならないという思いから発される言葉なのか…[全文へ]





競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム