日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



卓球 Table Tennis
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日程&結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ
  7. 過去の日本人成績

愛ついにメダル!涙止まらず/卓球

決勝進出を決めた日本の福原(左)と石川は涙を流しながら抱き合う。後方は平野
決勝進出を決めた日本の福原(左)と石川は涙を流しながら抱き合う。後方は平野

<ロンドン五輪:卓球>◇5日(日本時間6日)◇女子団体準決勝

 愛ちゃん、ついにメダルだ! 卓球女子の団体準決勝が行われ、世界2位の日本が同3位のシンガポールに3-0で快勝。決勝進出で銀メダル以上を確定した。第1試合で福原愛(23=ANA)が過去1勝9敗のフェン・ティアンウェイを3-1で破って勢いを付けると、続く石川佳純(19=全農)、ダブルスの石川、平野早矢香(27=ミキハウス)組もストレート勝ちし、日本卓球史上初の五輪メダルを決めた。7日の決勝では、2連覇を狙う世界1位の中国と対戦する。

 最初のマッチポイント。シンガポールのボールがアウトになると、ベンチの福原は両手で顔を覆い、泣いた。石川、平野が駆け寄り、3人娘の輪ができた。熱い涙は止まらなかった。

 「長かった。まだ信じられない…」。ずっと中国、韓国、シンガポールの3強に阻まれてきた。シンガポールには、06年世界選手権で勝ったのが最後。その厚い壁をこじ開けたのが福原だった。

 第1試合の相手フェンは、今五輪女子シングルスの銅メダリスト。3位決定戦では石川に4-0で圧勝した強豪だ。福原も09年アジアカップで勝ったことがあるだけで対戦成績は1勝9敗。しかし「オリンピックは何が起こるか分からない。1球目から集中力の戦い」と気合で勝負。打ち急ぐ悪い癖も我慢し、ラリーをつないでミスを誘った。それが3-1の“金星”につながった。

 福原の耳に焼き付いている声がある。08年北京五輪3位決定戦で、韓国に完敗した。ベンチから見た韓国の歓喜の姿。「キャーという声がすごかった。あの声を寝る前に思い出す」。悔しいだけで、その叫びの意味も分からなかったが「今はその気持ちがよく分かる」。この日、自分もキャーと叫んでいた。

 自立を目指した4年だった。北京五輪までは「1人のアスリートとして半、半人前(半人前の半分)」だったという。転機は09年世界選手権。地元日本開催の期待を背負いながら、2回戦で負けた。「足りないものがある」と感じ、兄秀行さんと徹底的に話し合った。3歳で卓球を始めて、初めて両親からの自立を決めた。

 自らスケジュールを決めるようになった。体力不足を痛感し、フィットネストレーナーを雇った。テニスのクルム伊達も指導した中野ジェームズ修一氏の教えで、ピラティスなどを取り入れ、体幹から鍛えた。体重は増えたが、引き締まったことで服のサイズはMからSになった。筋力がつき、苦手だったフォアでも打ち負けなくなった。自立を支えてくれた人に「みんなに連れてきてもらったオリンピック」と感謝した。

 心の支えだった人たちもいる。団体準々決勝の観客席。東日本大震災の被災地から、仙台出身の福原を応援に来た子供たちがいた。五輪前には「世界選手権のメダル(11年混合ダブルス)を喜んでくれた。五輪のメダルなら、もっと喜んでくれる」とメダルを誓っていた。約束を守ったメダルだった。

 卓球を始めて20年。天才少女と言われながら、全日本選手権を制したのは13度目の挑戦だった今年1月が初めて。世界でも高い中国の壁に跳ね返されてきた。しかし、日本中の誰もが知っている「泣き虫愛ちゃん」は、いつのまにか大人に成長し、ついに五輪メダリストになった。「この一瞬で報われた気がする」。涙が美しかった。【吉松忠弘】

 [2012年8月7日9時11分 紙面から]





競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム