日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



柔道 Judo
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日本選手速報
  5. 日程&結果
  6. 選手名鑑
  7. 競技メモ
  8. メダル史

海老沼、苦難の銅も「意味ない…」/柔道

男子66キロ級3位決定戦で延長の末、一本勝ちし銅メダルを獲得した海老沼(撮影・たえ見朱実)
男子66キロ級3位決定戦で延長の末、一本勝ちし銅メダルを獲得した海老沼(撮影・たえ見朱実)

<ロンドン五輪:柔道>◇29日◇男子66キロ級3位決定戦

 笑顔を見せることはなかった。一番低い表彰台。柔道男子66キロ級の海老沼匡(22=パーク24)の顔には、悔しさが入り交じっていた。「金メダルを目指していたので、意味ないです」。昨年の世界王者は、銅メダルに悔しげだった。

 異例のハプニングを経験した。■準好(韓国)との準々決勝。延長を含めた8分間で決着がつかず、旗判定にもつれた。3人の審判団が上げたのは■の青旗3本。これに会場から大ブーイングが起こった。延長1分22秒に、海老沼が小内刈りで有効を奪ったと1度は判定されていた。畳の下の審判委員によって覆されたが、その印象が場内にも残っていた。それは、審判委員3人も同じだった。

 勝ち名乗りを受けさせる前に緊急審議。審判団も呼び寄せ、もう1度話し合いを持つよう促した。異例の再判定の結果、今度は海老沼の白旗3本が上がった。「試合内容を覚えていないので、負けたんだと思った。でも、会場の皆さんが後押ししてくれた。感謝の気持ちでいっぱいです」。戸惑いながらも勝ち名乗りを受けた。

 会場の声援で生き残ったが、準決勝で一本負け。金メダルには届かなかった。3位決定戦で勝って銅メダルをつかんだが「力が足りず、すごく申し訳ない」と唇をかんで頭を下げた。

※■は十の下に日を二つ縦に並べ、十の縦棒が一つ目の日を貫く

 ◆海老沼匡(えびぬま・まさし)1990年(平2)2月15日、栃木県小山市生まれ。5歳から柔道を始める。古賀稔彦、吉田秀彦らを生んだ柔道私塾・講道学舎に入るために、小学校卒業後に上京。世田谷学園高-明大から今春パーク24へ入社。09年講道館杯では内柴正人を破って優勝。昨年世界選手権優勝。得意技は背負い投げ。家族は両親と兄2人。170センチ。

 [2012年7月30日6時4分]



五輪柔道コラム

Nikkan Olympic Judo Columns
柔道評論・細川伸二

柔道評論・細川伸二

ソウル五輪銅メダリスト、全柔連男子強化委員の細川伸二氏が五輪柔道を評します。

日本柔道惨敗の理由[5日09:57]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム