日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
サッカー評論・宮本ともみ 五輪コラム サッカー評論・宮本ともみ

 ◆宮本(みやもと)ともみ 1978年(昭53)12月31日、相模原市生まれ。97年プリマハム(現伊賀)入団。09年から東京電力でプレーし、11年から伊賀に復帰。97年に代表初選出。05年に長男を出産。翌年に復帰、同年代表にも再招集され、初のママさんなでしことして話題に。04年アテネ五輪、99年世界選手権(後のW杯)、03、07年W杯出場。代表通算77試合13得点。168センチ。59キロ。

ブラジル戦は守備でイライラさせて

<ロンドン五輪・サッカー:日本0-0南アフリカ>◇7月31日(日本時間1日)◇女子1次リーグF組◇カーディフ

 終盤からは引き分け狙いだったという南アフリカ戦は、もの足りない試合でした。連係もうまくいかず、格下相手に中盤で不用意なパスミスが多かった。主力組以上に調子の良さそうな選手もいませんでした。

 ブラジル戦は、“イライラさせる守備”がポイントになります。2トップのFWマルタとFWクリスチアニは、2人だけでDFを4、5人抜きます。ドリブルも武器ですが、息の合ったパスワークも持ち味。気分的にのらせないために、嫌がるほどのしつこい守備が効果的です。2トップにパスを出させず、攻撃陣とも連係した守備が大事になってきます。

 私にとってブラジル戦は、苦い思い出があります。07年のW杯直前、壮行試合で対戦(9月2日千葉、2-1)。ボランチで先発しましたが、マルタのスピードに衝撃を受けました。女性とは思えない速さで、見たことのないタイプ。プレッシャーをかけにいっても体でかわされて、抜かれたことを覚えています。

 女子サッカー選手として、今回の“2位通過狙い”は悲しかった。応援してくれるたくさんの人に、いい印象ではなかったはずです。でも考えていた通りの2位で通過したのですから、準々決勝はどんな形でも勝ってほしいと願っています。

 [2012年8月2日10時34分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム