日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
サッカー評論・宮本ともみ 五輪コラム サッカー評論・宮本ともみ

 ◆宮本(みやもと)ともみ 1978年(昭53)12月31日、相模原市生まれ。97年プリマハム(現伊賀)入団。09年から東京電力でプレーし、11年から伊賀に復帰。97年に代表初選出。05年に長男を出産。翌年に復帰、同年代表にも再招集され、初のママさんなでしことして話題に。04年アテネ五輪、99年世界選手権(後のW杯)、03、07年W杯出場。代表通算77試合13得点。168センチ。59キロ。

若い世代に夢与えられた

<ロンドン五輪・サッカー:日本1-2米国>◇9日(日本時間10日)◇女子決勝◇ロンドン

 なでしこらしいサッカーで獲得した、銀メダルでした。敗戦は残念ですが、試合内容は今大会で一番でした。パスで崩し、サイドバックの近賀選手が何度もオーバーラップをしたり、全員で攻撃していました。特に、大野選手は大舞台で遊び心のあるプレーをしていました。相手に囲まれても、落ち着いて宮間選手にパスを出すなど、楽しそうでした。

 女子サッカー選手の五輪にかける思いは、とても強いものです。沢選手の今後の動向に注目が集まっていますが、目標としていた五輪が終わり、区切りをつけたい気持ちは私も分かります。みなさんが見ている試合中や前後はとても楽しそうに見えると思いますが、毎日の大変な練習の積み重ねがあってこそです。毎回、五輪が終わる度にこれを機会に1つの区切りにしよう。という気持ちが芽生えるのではないでしょうか。

 私がアテネ五輪で戦っていた頃は、世界と戦うことは夢で、五輪でメダルをとるなんて夢のまた夢でした。しかし現実に銀メダルをとったことで、若い世代に「今度は、私が金をとるんだ」という夢を与えてくれたと思います。なでしこジャパンの選手になりたい、と将来の夢を持ってくれる子どもが増えてくれることを、楽しみにしています。

 [2012年8月11日8時49分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム