日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
サッカー解説・鈴木良平 五輪コラム サッカー解説・鈴木良平

 ◆鈴木良平(すずき・りょうへい)1949年(昭24)6月12日、東京都生まれ。東海大卒業後、73年ボルシアMG留学、コーチ修業。75年ブ ンデスリーガ監督資格のS級ライセンス取得。84-85年シーズン、ビーレフェルトコーチ。85年日本女子サッカー初の専任監督就任。89年L リーグ日興証券ドリームレディース監督。98年福岡コーチ。現在解説者として活躍。

中盤守備課題 個の強さ磨け

<ロンドン五輪・サッカー:日本1-2米国>◇9日(日本時間10日)◇女子決勝◇ロンドン

 なでしこジャパンは今大会で一番いいゲームをした。前半8分に先制されても動揺せず、これまで出来なかったボールをつなぐプレーで防戦一方になる時間はなかった。五輪で女子のチームスポーツが好成績を収めているのも、気持ちをひとつにしたなでしこがお手本になっていると思う。

 昨年のW杯優勝からCBの2枚が大きく成長した。高さ、スピード、パワーで迫ってくる米国に対し、DFの岩清水と熊谷は押し込まれず、90分間通してポゼッションが出来るようになった。攻撃ではFW大儀見が世界に誇るセンターフォワードになった。

 今後の課題は中盤の守備にある。失点シーンも中盤で絶対に止めなければいけなかった。選手個々は競り合いの強さを身に付けなければならない。強さは体の大きさやパワーではない。メッシ、シャビ、マラドーナは小さくても競り合いに強い。体を鍛えることも大切だが、1対1のトレーニングやレベルの高いところでプレーする必要がある。

 選手たちは海外に出られるチャンスがあれば積極的に行ってほしい。国内リーグは海外のいい選手をどんどん呼んでほしい。なでしこジャパンにとって次の大きな目標は3年後のW杯。世代交代は絶対必要だ。FW岩渕らU-20のメンバーが次のなでしこの半分以上を占め、中心的存在にならなければならない。

 [2012年8月11日8時49分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム