日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
サッカー評論・宮本ともみ 五輪コラム サッカー評論・宮本ともみ

 ◆宮本(みやもと)ともみ 1978年(昭53)12月31日、相模原市生まれ。97年プリマハム(現伊賀)入団。09年から東京電力でプレーし、11年から伊賀に復帰。97年に代表初選出。05年に長男を出産。翌年に復帰、同年代表にも再招集され、初のママさんなでしことして話題に。04年アテネ五輪、99年世界選手権(後のW杯)、03、07年W杯出場。代表通算77試合13得点。168センチ。59キロ。

最高の舞台 最後は楽しんで

<ロンドン五輪・サッカー:日本2-1フランス>◇6日(日本時間7日)◇女子準決勝◇ウェンブリー

 女子サッカー選手にとって、五輪は集大成です。フランス戦は、最後は運も味方にして猛攻をしのぎました。今大会初めて、日本の武器であるセットプレーから得点が生まれたことも良かったです。ここまでは耐える試合ばかりでしたが、最後は楽しそうにサッカーをするなでしこの姿が見たいですね。

 私もアテネ五輪に出場したときは「1分1秒でも長く、このチームでプレーしたい」という強い思いがありました。チーム一丸となるには、控え組の選手の力も必要です。アテネのときも、アップ前のストレッチを手伝ってくれたり、飲み物やタオルの準備をしてくれたり。試合中、本当は自分たちもプレーをしたいはずなのに、ベンチから絶え間ない声をかけて精いっぱい応援してくれました。

 アテネでは1勝2敗で1次リーグで敗退してしまいましたが、今回のなでしこは、大会で最長の時間をチームメートと共有できています。それは、とても幸せなこと。決勝は米国が相手と、素晴らしい舞台は整いました。米国は全員が技術もフィジカルもそろっているチーム。また攻められる時間が多いかもしれません。ですが、少ないチャンスでも決めきる力は、すでに証明しています。自信を持ってなでしこらしく、堂々とプレーしてほしいです。

 [2012年8月8日9時39分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム