日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



サッカー Soccer
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日本戦速報
  5. 日程&結果
  6. 男子決勝T
  7. 女子決勝T
  8. 選手名鑑
  9. 競技メモ
  10. 五輪史
  11. 歴代成績
  12. なでしこジャパン

宮間弾のおかげで勝ち点3/サッカー

前半44分、ヘディングでチーム2点目のゴールを決める宮間(撮影・菅敏)
前半44分、ヘディングでチーム2点目のゴールを決める宮間(撮影・菅敏)

<ロンドン五輪・サッカー:日本2-1カナダ>◇25日(日本時間26日)◇女子1次リーグF組◇コベントリー

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位のなでしこジャパンが、1次リーグF組初戦で同7位のカナダを撃破した。

 キャプテンMF宮間あや(27=岡山湯郷)が貴重な2点目を挙げた。前半44分、DF鮫島から左クロスが上がる。ゴール前の宮間はカナダの長身DF3人に目の前を阻まれるが、その間を割るようにタイミング良くジャンプし、ヘディングシュート。ボールはきれいにゴールに吸い込まれた。チームに勢いをもたらす追加点に、すぐにFW大儀見に抱きつき、右手を突き上げて喜びを表現した。

 身長157センチの小さな体で、170センチ近い体のカナダの選手と対等に渡り合った。前半22分、DF熊谷がDFセッセルマンに危険なスライディングで倒された。その30秒後、宮間はお返しとばかりにMFカイルを横からのタックルで倒し、ボールを奪ってみせた。

 初戦を前に「五輪は厳しい戦いになる。その厳しさを楽しみたい。カナダはフィジカルの強さを前面に出してくるチーム。むしろ、そういう強いチームと初戦で当たれることは、チームに勢いを付けられる意味でもいいことだと思う」と話していた。

 準々決勝での対戦で予想されるのは、米国やフランス、ブラジルなど、いずれも強靱(きょうじん)な体を擁する選手をそろえる。フィジカルのぶつかり合いと、最後まで走り抜く体力、精神力の戦いがはじまった。まずは、キャプテン宮間のリーダーシップで大切な初戦を勝ち点3で終えた。

 [2012年7月26日7時23分 紙面から]



五輪サッカーコラム

Nikkan Olympic Soccer Columns
セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後の辛口ジャッジ

セルジオ越後がサッカー五輪代表を辛口チェック

攻めて勝つ日本になれ[13日09:25]

サッカー解説・鈴木良平

サッカー解説・鈴木良平

女子日本サッカー代表初代監督がなでしこジャパンの戦いぶりを解説。

中盤守備課題 個の強さ磨け[11日08:49]

サッカー評論・宮本ともみ

サッカー評論・宮本ともみ

「ママさんボランチ」宮本ともみが、なでしこジャパンの戦いぶりを評します。

若い世代に夢与えられた[11日08:49]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム