日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
ロンドンの風~記者コラム~ 五輪コラム

ロンドンの風~記者コラム~

 現地派遣記者による日替わりコラム。一風変わった観客、記者席で絶叫する外国人記者、選手の家族など、取材でのこぼれ話を中心にお届けします。

記事一覧

小さな町の運動会から始まった夢

[14日09:17]

 華やかな閉会式を見ながら、7カ月前のことを思い出した。1月に訪れた英国中西部の小さな町、マッチウェンロック。近代五輪発祥の地である。人口約2500人。時計塔がある町の中心から半径150メートルほどに…[全文へ]

「出し切った」を共有

[13日09:23]

 競技者じゃないのに、選手の気持ちを、少しだけ分かったような気がする。担当の体操が終了した7日のことだ。ロンドンに向けた3~4年を思いだし、100%の出来とは言えないが(すみません、デスク)、やれるこ…[全文へ]

ようやくなれた「持ってる記者」

[12日10:03]

 気がつけば、五輪もあと1日になってしまった。前半戦は会社内でよく言われていたなぁ。「今村は持っていない」と。担当している柔道が、予想された金メダルラッシュを裏切ってしまったからだ。国内では自分が戦犯…[全文へ]

「日刊、元気そうだな」えっ朝青龍

[11日08:51]

 暗闇でゴツイ大男が寄ってきた。照明の落ちたレスリング会場、両手に荷物を持っているのに「日刊、元気そうだな」とハイタッチしてくる人がいた。そんなに元気じゃないんだけど…と思って見上げると、元横綱朝青龍…[全文へ]

ATUATU KIZAMIを食べた

[10日09:21]

 ロンドンで讃岐うどんを食べた。大会期間中、初めて夜に時間が空いた。そこで「四国生まれの佐藤さんに、ぜひ食べてもらいたい」。現地通信員が連れて行ってくれたのが、映画館が立ち並ぶ歓楽街ソーホーにある「こ…[全文へ]

言葉って難しい…通訳も緊張感

[9日10:29]

 言葉って難しい。もちろんロンドンは英語。「英語」って書くぐらいだから本場の本場だ。クイーンズイングリッシュだから、少し鼻にかかって、アクセントを強調し、これこそ王道の英語って感じで、「オー」、「ヤー…[全文へ]

声、声、声

[8日09:44]

 ロンドンは、実に「声」が多い。地下鉄や電車に乗ると、日本で言う「次は~○○。○○線はお乗り換えです」等のアナウンスが流れる。僕らの仕事場プレスセンターのエレベーターは「○階です。ドアが開きます」と知…[全文へ]

アジア背負う日本男子の戦い

[7日09:18]

 開幕から10日。男子サッカー担当の私もようやくロンドン入りが実現した。これまでに滞在してきた街では、街中に五輪の旗が掲げられるなど、雰囲気こそあったが、地元の人々から五輪熱を感じることは正直少なかっ…[全文へ]

“おかし”な日本語いっぱい

[6日09:17]

 英国では日本語が大人気です。休日となると、なでしこジャパンの練習会場には地元も子どもたちもたくさん集まります。セキュリティーが厳しく、中には入れないのですが、選手たちがバスで帰る前に即席サイン会が開…[全文へ]

4「聖地」クリア

[5日09:53]

 ロンドンの風を感じている。熱戦が続く各会場へは、地下鉄やバスを駆使して足を運ぶ。さすが近代スポーツ発祥の地と呼ばれる英国だ。おかげさまで既に4つの「聖地」へ行くことができた。テニスのウィンブルドンに…[全文へ]

選手にもらい泣きしている記者は…

[4日09:50]

 メディアが試合後の選手を取材する場所を「ミックスゾーン」と言う。人気種目の水泳には、取材人数の制限がかかる。それでもメダルの数には関係なく、日本メディアの数が圧倒的に多い? ような気がする。その通称…[全文へ]

愚痴ってみた…錦織見たかったなぁー

[3日09:32]

 現地にいると、日本国内が、五輪でどのような騒ぎになっているかが全く分からない。もっと言えば、1つの競技を取材に行くと、周りで何が起こっているか分からない。五輪という世界最大の総合競技大会を実感できる…[全文へ]

羨望「僕らの偉大なチーム」

[2日09:08]

 ロンドン五輪のメーン会場隣に、でっかいショッピングモールがある。「ウエストフィールド・ストラトフォードシティー」店。200店舗以上が入るその規模は、欧州最大だという。そこを歩いていたとき、こんな店看…[全文へ]

ホンジュラス番組友情出演

[1日08:52]

 サッカーの1次リーグ同組の4チームは宿舎も同じなら練習場も同じ。選手たちはホテル内でも頻繁にライバルたちと顔を合わせているが、我々メディアの人間も、取材先で毎日他国メディアと顔を合わせる。  今日…[全文へ]

“出会い”頭の連続で

[31日08:53]

 コベントリーからなでしこジャパンとともにウェールズ最大の都市カーディフに来ました。コベントリーは田舎町の雰囲気でしたが、こちらは銀座にも劣らない繁華街がある港町です。  到着後、なでしこジャパンの…[全文へ]

コンビニ並にあるパブ

[30日07:02]

 突然ですが、私はビール党です。飲む量は人並みだと思っていますが、のどごしが大好きで。27日の開会式はロンドン名物のパブで見た。サボったわけじゃなく、メディアも入場人数の制限があった。記者は“社内最終…[全文へ]

豪華絢爛「タダ見」の代償

[29日08:41]

 すばらしいエンターテインメントの数々に時がたつのを忘れた。五輪の開会式といえば、84年のロサンゼルスで、空から人が飛んできてフィールドに下り立つ映像は鮮烈だった。だが、それ以外は正直なところ、よく覚…[全文へ]

ハイヒール女性に抜かれた/ロンドンの風

[28日08:56]

 追われてる。ロンドンで毎朝、追われてる。いや、原稿の締め切りもそうなんですが、それ以上に強いプレッシャーが、ロンドン市民の足音。背後から、どんどん追い抜かれていく。こっちも時間いっぱい寝られるだけ寝…[全文へ]

快晴続きの方が異常なのだ

[27日08:56]

 「暑っちー」。これが、この4日間のロンドンを象徴する言葉だ。快晴も快晴、雲ひとつない日が続いて、気温も30度を超える。練習会場のプレスルームは狭く、そこに日本報道陣が50人以上押し寄せると、暑さと人…[全文へ]

稚内より北 グラスゴーの寒い夏

[26日08:20]

 男子サッカーの初戦が行われるグラスゴーは北緯55度。東京が北緯35度、稚内が北緯45度なので、日本と比べて相当北であることは覚悟していたが、夏とは思えない寒さ。風の強さは予想以上だった。  日中で…[全文へ]

世界の食満喫 金メダルはトルコ料理

[25日07:16]

 日本出発前は「ロンドンは食事が…」との声が多かったが心配無用でした。男女サッカー競技は都市分散開催のため、ロンドンにたどり着くのは早くて準決勝。現在はロンドンから車で約2時間半の田舎町コベントリーに…[全文へ]

笑顔のもてなしに五輪の成功実感

[24日11:57]

 ロンドン、初めてです。英語? 話せません。出発前、上司に「スギちゃんに似てるな」と言われたが、とてもワイルドな心境にはなれなかった。でも、何とか会話は成り立っている。そう、万国共通の言葉は笑顔 ! …[全文へ]

日立製の「やり」で小旅行

[23日17:41]

 ロンドン入りして丸1週間が過ぎた。毎朝、電車を乗り継ぎ、市東部にあるオリンピックパークまで移動するのだが、これが快適な小旅行だ。宿泊ホテルから地下鉄で2駅目、セント・パンクラス国際がある。そこからオ…[全文へ]





競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム