日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
陸上評論・瀬古利彦 五輪コラム 陸上評論・瀬古利彦

 ◆瀬古利彦(せこ・としひこ)1956年(昭31)7月15日、三重・桑名市生まれ。四日市工高時代は総体800メートル優勝。76年早大入学後 マラソンに転向。福岡3連覇などマラソン15戦10勝。日本陸連理事。

よくやった…でも、これが世界との差

<ロンドン五輪:陸上>◇5日◇女子マラソン

 予想していた展開で、力通りの結果。やっぱりケニアとエチオピアは強かったし、難コースでも上位選手にアクシデントは起きなかったね。雨の悪条件だったから優勝タイムは23分台まで落ちたけど、日本勢も大きくベストから遅れた。でも、よくやったよ。展開も悪くないし、消極的でもない。これが世界との力の差。甘くはないよ。重友は期待していたけれど、ケガでの練習不足は体つきを見れば分かったね。

 日本では代表になることがゴールになっている。世界と戦うレベルにないのだから、仕方ないな。トラックのスピードのある選手、例えば新谷とかが本気でマラソンをやらないと次のリオも負けるよ。優勝したゲラナは日本で走っていた選手。日本のトレーニング法は世界トップレベルなんだ。素質があり、ハングリー精神もある日本人が出てくれば、まだまだ可能性はあると思う。

 [2012年8月6日9時44分 紙面から]



五輪陸上コラム

Nikkan Olympic Athletics Columns
陸上評論・瀬古利彦

陸上評論・瀬古利彦

往年名ランナーで日本陸連理事の瀬古利彦氏が陸上競技を評します。

小さな「のろし」は上がった[13日09:24]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム