日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



陸上 Athletics
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日程&結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ
  7. メダル史
  8. マラソンコース

室伏選挙違反 IOC選手委員当選無効

 国際オリンピック委員会(IOC)は11日に理事会を開き、選手委員選挙に立候補していた陸上男子ハンマー投げの室伏広治(37=ミズノ)が、選挙活動で規定に違反したとして当選を無効とすることを決めた。指定された場所以外での選挙活動が理由という。当選すればIOC委員にも就任し、20年東京五輪招致に向けた活動を期待されていただけに、日本にとっては大きな痛手となりそうだ。

 今回の男子ハンマー投げで銅メダルに輝いた室伏が「もう1つの大きなターゲット」と定めたIOC選手委員選挙で、規定違反を問われ、当選を無効とされた。関係者によると、室伏は選挙活動が原則禁止されている選手村食堂での行動が問題視されたという。自分の名前が入ったステッカーを配って「警告」を受け、他国の選手らと接触している様子を写真に撮られたという。

 IOCから2度の警告を受け、10日にIOCに事情を説明した。今五輪に出場した選手による投票は8日に締め切られ、10競技計21人が立候補し、室伏は各競技1人までの上位4人の当選者に入っていた。選挙結果は9日に発表予定だったが、IOCは「手続き上の理由」として発表を延期。別の当選者1人にも違反があり、得票数で5位と6位の立候補者が繰り上がったという。

 選手委員会は五輪運営に選手の意見を反映させる役割を担い、当選者はIOC委員にも就任する。アテネ五輪金メダリストでもある室伏は、北京五輪に続く2度目の立候補で初当選を目指していた。日本人で過去に委員になったのはシンクロの小谷実可子氏だけ。イスタンブール、マドリードと争う20年五輪開催地は来年9月のIOC総会で決まるが、その際には東京支持を呼びかける「顔」に期待された。それだけにIOC関係者は「大きな失点だ」と指摘した。

 中京大の准教授でもある室伏は7月20日に早々とロンドン入り。選手村で競技の準備と並行し「24時間態勢の選挙活動」に取り組んだ。英語が堪能で海外の人脈も幅広い。既に国際陸連の選手委員として競技ルールやドーピング問題で幅広く問題提起をしている“国際派”が、思わぬ落とし穴にはまった。

 ◆IOC選手委員会 五輪運営に選手の意見を反映させる目的で81年に創設された。現役選手や元選手、パラリンピックの代表などで構成され、委員のうち12人は五輪の際に実施される選挙で選ばれる。当選すればIOC委員に就任し、五輪開催都市決定などの投票にも参加する。

 [2012年8月12日9時15分 紙面から]



五輪陸上コラム

Nikkan Olympic Athletics Columns
陸上評論・瀬古利彦

陸上評論・瀬古利彦

往年名ランナーで日本陸連理事の瀬古利彦氏が陸上競技を評します。

小さな「のろし」は上がった[13日09:24]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム