日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
競泳評論・高橋繁浩 五輪コラム

競泳評論・高橋繁浩

 ◆高橋繁浩(たかはし・しげひろ)1961年(昭36)6月15日、滋賀県生まれ。84年ロス五輪100平10位、200平12位で引退。87年 に復帰し、88年ソウル五輪200平10位で引退。引退後は中京大で指導するとともに、五輪のテレビ解説も務める。

最新記事

記事一覧

きっかけは寺川だった

[6日09:44]

<ロンドン五輪:競泳>◇4日(日本時間5日)◇女子400メートルメドレーリレー決勝、男子400メートルメドレーリレー決勝  男子も女子もメドレーリレーは頑張った。各国4選手の今大会の100メートルタ…[全文へ]

入江バサロ改善 聡美銅が刺激に

[4日09:51]

<ロンドン五輪:競泳>◇2日(日本時間3日)◇女子200メートル平泳ぎ決勝、男子200メートル背泳ぎ決勝  女子平泳ぎの鈴木はすごかった。準決勝のレースを見て、2分21秒台前半はくるだろうと予想して…[全文へ]

立石と北島、コース巡り合わせの妙

[3日10:01]

<ロンドン五輪:競泳>◇1日(日本時間2日)◇男子200メートル平泳ぎ決勝  北島は自分のレースを貫き、いい泳ぎをした。記録が足らなかったが、最後まで期待を持たせてくれる内容だった。前半50メートル…[全文へ]

世代交代に負けず守った銅

[2日09:06]

<ロンドン五輪:競泳>◇7月31日(日本時間1日)◇男子200メートルバタフライ決勝  松田は惜しかった。展開や記録は申し分のないレースだった。課題としてきたドルフィンキック、ターンは、去年の世界選…[全文へ]

入江、寺川ともにタッチ勝負で勢い

[1日09:23]

<ロンドン五輪:競泳>◇7月30日(日本時間同31日)◇女子100メートル背泳ぎ決勝  寺川は試合前のウオーミングアップで、平井コーチと念入りにタッチの練習をしていた。準決勝までのレースを見た上で、…[全文へ]



五輪競泳コラム

Nikkan Olympic Swimming Columns
競泳評論・高橋繁浩

競泳評論・高橋繁浩

元五輪代表の高橋繁浩氏(中京大教授)が五輪競泳を評します。

きっかけは寺川だった[6日09:44]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム