日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



競泳 Swimming
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日程&結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ
  7. メダル史

17歳萩野はインターハイで再出発

 ロンドン五輪の競泳男子400メートル個人メドレーで「怪物」フェルプスに競り勝ち、銅メダルをつかんだ17歳の萩野公介(栃木・作新学院高3年、御幸ケ原SS)は、17日に開幕するインターハイの地・新潟からリオに向けて再出発する。五輪が閉幕した日本時間13日朝、東京・国立スポーツ科学センターで練習をこなした。

 17歳の銅メダリストへの注目度は高く、ロンドンから帰国後はメディア取材が多数飛び込み、多忙な毎日。13日の午後練習終了後、再び夕方からテレビ局へ向かった。前田覚コーチは「忙しくて、まだ練習を開始して4日目。新潟が凱旋(がいせん)レースになりますが、状態は悪い」。エントリー種目は400メートル自由形と200メートル背泳ぎ。本職の個人メドレーには出場せず、まずは1つ1つの泳ぎから確認していく考えだ。

 4年後は、得意の400メートル個人メドレーで金メダルを狙える位置にいる。ロンドンでマークした4分8秒94の日本記録は、17歳の選手としては圧巻の記録だ。フェルプスが現役引退し、ロクテも26歳。次の五輪への出場は微妙だ。世代交代を印象づけた17歳の銅メダリストは「僕が(メダルを)取っていいのかな」という一方で、「1番じゃないのでもっと上を目指してがんばります」。リオでの頂点は、視野にとらえている。

 [2012年8月14日8時13分 紙面から]



五輪競泳コラム

Nikkan Olympic Swimming Columns
競泳評論・高橋繁浩

競泳評論・高橋繁浩

元五輪代表の高橋繁浩氏(中京大教授)が五輪競泳を評します。

きっかけは寺川だった[6日09:44]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム