日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
体操評論・米田功 五輪コラム 体操評論・米田功

 ◆米田功(よねだ・いさお)1977年(昭52)8月20日、ドイツ・ハンブルク生まれ。8歳から体操を始め、全国中学個人総合優勝。清風高から 順大に進学し、98年NHK杯で、03年全日本で個人総合初優勝を遂げた。04年アテネ五輪で日本男子主将として28年ぶりの金メダルに貢献。種 目別の鉄棒でも銅メダルを獲得した。

内村に負担かかりすぎ

<ロンドン五輪:体操>◇7月30日◇男子団体総合決勝

 限りなく4位に近い銀メダルだと感じた。最後は内村の弱い部分が出てしまったのかもしれない。昨年の世界選手権の団体決勝でも同じことがあった。鉄棒で田中佑が落ち、逆転が不可能になった時点で、内村は集中力が切れて落下。この日も、あん馬最初の田中和が落下した時点で集中が落ちたのだろう。

 予選から2日間、内村には信じられないミスが出ている。しかし、それも致し方ないことだ。内村1人に負荷がかかりすぎて、限界を超えたのだと思う。他の選手のミスをカバーするのも内村1人で、内村の出来が日本の流れを左右することが多い。予選も内村が踏ん張らなければ、決勝進出も逃していたと思う。

 日本が金メダルに返り咲くには、内村以外にも軸になる選手をつくるしかない。今回、鉄棒と床運動の専門家として選ばれたはずの田中佑、加藤も、結局はその種目で内村を超えられないのだ。すべてが内村頼みでは、耐えられない。

 ロンドンが終わってすぐにリオに向けての対策が必要だ。選手選考も、オールラウンダー重視から、種目別の本当のスペシャリストをもう1度、見直す時期にきているかもしれない。1種目でも内村を超える選手が現れれば、負担は減る。その時、初めて日本の復活ののろしが上がるはずだ。

 [2012年8月1日10時9分 紙面から]



五輪体操コラム

Nikkan Olympic Gymnastics Columns
体操評論・米田功

体操評論・米田功

アテネ五輪団体総合金メダリストの米田功氏が五輪体操を評します。

内村の強い思いに他が追いついていない[9日10:45]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム