日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



体操 Gymnastics
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日程&結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ
  7. メダル史

内村銀!3個目メダルでドヤ顔締め/体操

最後の着地をピタリと決め、ガッツポーズする内村(撮影・田崎高広)
最後の着地をピタリと決め、ガッツポーズする内村(撮影・田崎高広)

<ロンドン五輪:体操>◇5日◇男子種目別床運動決勝

 最高の美しい演技でロンドンを終えた。体操男子種目別の床運動決勝が行われ、個人総合を制した内村航平(23=コナミ)は、15・800点で銀メダルだった。3位アブリャジン(ロシア)とは同点だったが、正確な演技を表すEスコアで8人中最高の9・100点をマークした内村が規定により2位となった。鄒凱(中国)が2連覇を達成した。床運動では92年バルセロナ五輪での池谷幸雄の銀以来となる日本人のメダル。内村は全日程を終了し、金1、銀2の計3個のメダルを獲得した。

 すがすがしい笑顔だった。内村のロンドンが終わった。1番手で登場した得意の床運動。最後の後方宙返り3回ひねりの着地は微動だにしなかった。両手でガッツポーズ。「最後にいい演技ができた。自然に笑みがこぼれた」。2番手で登場した鄒凱に0・133点差で敗れた銀メダル。しかし、内村は「悔いがない」と、出し切った。

 昨年の世界選手権の床運動で、“誤審”を招いたG難度の大技「リ・ジョンソン」は封印。代わりに、3回半ひねりと1回ひねりのコンビを入れ、安定感を求めた。技の難度を表すD得点は6・7点で変わらない。鄒凱のDスコアは6・9点で、そこで0・2点差をつけられた。

 しかし、内村が目標とする「世界一美しい体操」は揺るがない。美しさや正確さを表すEスコアは、8人中最高の9・100点。DスコアよりEスコア勝負で挑んだだけに「すごくうれしい。銀メダル以上の価値がある」と、最後の演技で、ようやく納得のいく体操を披露した。

 床運動には、人一倍の思い入れがある。父和久さんが柳川商(現・柳川高)時代に、高校総体で優勝したのが床運動だった。子供の頃、その父の金メダルを見て、「パパを抜いてオリンピックに行く」と話した。その思いは、08年の北京五輪で現実となった。

 内村の中では、五輪床運動の金メダルが、父を超える証しだった。内村も父と同じく高校総体の同種目で優勝した。しかし「優勝しただけじゃ同じ。全日本でも優勝しているけど、まだ超えている感じがしない」。この日、父を超える金メダルに挑んだが、思いは持ち越しとなった。

 個人総合の金メダルに、団体総合と床運動の銀メダル。満足してもいい結果に思えるが、内村が求めていたものは違う。当初の目標だった最大5個の金メダルには及ばなかった。「反省ばかり。あらためて(五輪で)金メダルを取ることの難しさを痛感した」。

 父を超えるチャンスは、また4年後に訪れる。リオデジャネイロ五輪を目指すかという外国報道陣の質問に「もちろん、そのつもりです」と力強く答えた。ロンドンは終わったが、この日から、リオへの道がスタートする。【吉松忠弘】

 ◆内村航平(うちむら・こうへい)1989年(昭64)1月3日、北九州市生まれ。3歳で長崎・諫早市に移り、両親が経営するクラブで体操を始める。15歳で単身上京。日体大に進学し、08年北京五輪では団体と個人総合で銀メダル。09~11年世界選手権個人総合で前人未到の3連覇を達成。両親と妹春日(はるひ)の4人家族で、全員が体操をする。160センチ、54キロ。

 ◆体操競技の採点 技の難度を示すDスコア(演技価値点)と演技の完成度を示すEスコア(実施点)の合計点で争われる。Dスコアは2人のD審判が演技構成から算出。Eスコアは5人の審判が10点からの減点法によって算出し、上下のスコアを除いた3人の平均点を基準点とする。かつては10点が演技の最高点だったが、06年に現行の採点法を採用。Dスコアには上限がなく、年々最高スコアが更新される種目もある。

 [2012年8月6日9時12分 紙面から]



五輪体操コラム

Nikkan Olympic Gymnastics Columns
体操評論・米田功

体操評論・米田功

アテネ五輪団体総合金メダリストの米田功氏が五輪体操を評します。

内村の強い思いに他が追いついていない[9日10:45]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム