日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
体操評論・米田功 五輪コラム 体操評論・米田功

 ◆米田功(よねだ・いさお)1977年(昭52)8月20日、ドイツ・ハンブルク生まれ。8歳から体操を始め、全国中学個人総合優勝。清風高から 順大に進学し、98年NHK杯で、03年全日本で個人総合初優勝を遂げた。04年アテネ五輪で日本男子主将として28年ぶりの金メダルに貢献。種 目別の鉄棒でも銅メダルを獲得した。

内村の強い思いに他が追いついていない

 まず男子の団体総合は中国の強さが際だった。予選ではミスが出たものの、大事な決勝をノーミスで終えたのはすごい。日本は内村の団体への強い思いに、ほかの4人が気持ちで追いついていない部分を感じた。内村は前回の北京で銀で悔しさを味わっている。だから「銀でも4位でも同じ」という言葉になったが、初出場の他の4人は、銀メダルに、どこかにうれしさを感じたのではないか。

 個人総合の内村は敵なしの感じだった。日本の内村が、世界の内村になった五輪だったと思う。現役続行を決めているが、4年後の五輪も内村の優位は崩れない。体操には種目別もある。内村に勝つために、外国勢がわざわざメダル1個のために苦手種目を克服するとは思えない。

 日本女子と世界のトップとの差は大きいと感じた。米国、ロシア、中国、ルーマニアの4強を見ていると、日本がメダル争いに加われるのは、ずっと先のような気がする。厳しいようだが、日本が目指す「美しさ」も、レベルが違うところでは、それほど意味を成さないのではないだろうか。

 [2012年8月9日10時45分 紙面から]



五輪体操コラム

Nikkan Olympic Gymnastics Columns
体操評論・米田功

体操評論・米田功

アテネ五輪団体総合金メダリストの米田功氏が五輪体操を評します。

内村の強い思いに他が追いついていない[9日10:45]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム