日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



体操 Gymnastics
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日程&結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ
  7. メダル史

「ウチムラ」でリオ 来年9月にも誕生

表彰式で銀メダルを胸に観客席へ手を振る内村(撮影・田崎高広)
表彰式で銀メダルを胸に観客席へ手を振る内村(撮影・田崎高広)

 体操の男子個人総合で金メダルを獲得した内村航平(23=コナミ)が、16年リオデジャネイロ五輪でオリジナル技で名を残す。5日の種目別床運動決勝で、15・800点で銀メダルを獲得。団体総合の銀を含めて3つのメダルを手にして全日程を終えた。種目別床運動では金メダルは逃したが、技の正確さなどを表すE得点は9・100点で8人中最高。「悔いはない。銀メダルより価値がある。最後にいい演技ができた」と振り返った。

 すでに4年後の五輪へ新たなスタートが切られていた。ロンドンで内村にはやり残したことがある。「体操選手なら誰でも名前は残したい」と、「ウチムラ」と自分の名前を付けた技の披露だ。世界では誰も成功していない跳馬のユルチェンコ3回ひねりを、10年全日本種目別で成功させていたが、今回は封印していた。

 国際体操連盟主催の大会で事前申請。演技して、成功すれば、技術委員会で審査され、その選手の名前がつくのが慣例だ。昨年、「五輪後には考えたい」と話していただけに、早ければ来年の世界選手権(9月・アントワープ)で「ウチムラ」誕生が可能となる。【吉松忠弘】

 [2012年8月7日9時13分 紙面から]



五輪体操コラム

Nikkan Olympic Gymnastics Columns
体操評論・米田功

体操評論・米田功

アテネ五輪団体総合金メダリストの米田功氏が五輪体操を評します。

内村の強い思いに他が追いついていない[9日10:45]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム