日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



体操 Gymnastics
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日程&結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ
  7. メダル史

内村、じゆうちょうに夢中で描いて演じた

内村が小学生のころに書いた体操の技のイラスト
内村が小学生のころに書いた体操の技のイラスト

 体操男子で日本人初の五輪、世界選手権個人総合2冠を達成した内村航平(23=コナミ)が、小学校時代に脇目も振らず、描き続けたノートがある。「じゆうちょう」と表紙に書かれた何の変哲もないノートには、現在の内村が演技している「伸身コールマン」、「伸身コバチ」などの技の分解図が、山のように描かれていた。技を演じさせるために、肌身離さず持ち歩いたピンクパンサーの人形とともに、「内村ノーツ」に金メダルの原点があった。

 母周子さんは、正確な時期を覚えていない。しかし、黙々とノートに描き込んでいる航平の姿は、はっきり覚えている。「一心不乱でした。ご飯だよと声をかけても、耳に入らないようでした」。パンダの写真の表紙に「じゆうちょう」と書かれた内村ノーツ。驚異的な空中感覚の秘密が隠されていた。

 何ページにもわたり、技の分解図が鉛筆で描かれている。短い手足をつけた小太りの人形のような人が、無数の技を演じている。鉄棒なら「伸身コバチ」「伸身トカチェフ」などの離れ技。降り技の「伸身月面」「新月面」。今では内村の十八番といえる技が、小学生の時すでに頭の中でできあがっていた。

 内村は、どんな体勢になっても着地が乱れない空中感覚を「空中で、地面やバーなどすべてが見えて判断している」と話したことがある。それは「自分の中にもう1人の自分がいる感じ」。演技をしている内村をもう1人の内村が冷静に的確に観察している感覚だ。

 ノートに描かれた分解図は、まさにその象徴だ。自分が頭の中で描く技を投影し、ノート上の内村に演じさせる。それは、クラブの先輩から与えられたピンクパンサーの人形を動かし、技を学んでいたのと同じだ。ノートに描くのと同じように、周子さんが「コバチってどうするの?」と聞くと、いつもピンクパンサーに演じさせた。

 両親は92年に船舶用のコンテナで体操教室を始めた。00年に3階建ての自宅兼体育館を新築。同時に、内村の11歳の誕生日のプレゼントとして、約100万円をはたき、縦12メートル、横2メートルのトランポリンを購入した。そのトランポリンで、内村は無数の技を学んだ。

 今でもその名残がある。1日(日本時間2日)の男子個人総合決勝参加24人中最高の16・266点をマークした跳馬の助走の前、両手をまっすぐ前に出し、進む方向を定めた。一直線に走り無駄な力を省くためだが、それはトランポリン上をまっすぐ進むことから学んだ方法だ。

 ノートに夢中で描いていた技を、我を忘れてトランポリンで演じた。すでにノート上で演じていた技だけに、現実でもおもしろいように演じることができた。「楽しくて仕方がなかった」。五輪でも決して重圧を感じない。内村にとっては、五輪もノートやトランポリンの延長線上にすぎないのだ。

 ◆内村航平(うちむら・こうへい)1989年(昭64)1月3日、北九州市生まれ。3歳で長崎・諫早市に移り、両親が経営するクラブで体操を始める。15歳で単身上京。日体大に進学し、08年北京五輪では団体と個人総合で銀メダル。09~11年世界選手権個人総合3連覇を達成。両親と妹春日(はるひ)の4人家族で、全員が体操をする。160センチ、54キロ。

 [2012年8月3日8時55分 紙面から]



五輪体操コラム

Nikkan Olympic Gymnastics Columns
体操評論・米田功

体操評論・米田功

アテネ五輪団体総合金メダリストの米田功氏が五輪体操を評します。

内村の強い思いに他が追いついていない[9日10:45]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム