日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
体操評論・米田功 五輪コラム 体操評論・米田功

 ◆米田功(よねだ・いさお)1977年(昭52)8月20日、ドイツ・ハンブルク生まれ。8歳から体操を始め、全国中学個人総合優勝。清風高から 順大に進学し、98年NHK杯で、03年全日本で個人総合初優勝を遂げた。04年アテネ五輪で日本男子主将として28年ぶりの金メダルに貢献。種 目別の鉄棒でも銅メダルを獲得した。

日本女子、世界トップ男子から技盗め

<ロンドン五輪:体操>◇7月31日(日本時間1日)◇女子団体総合決勝

 女子の場合、団体総合の目標が決勝進出にある。昨年の世界選手権も同じだったが、予選は通るが、決勝では戦えない。ともに予選より決勝で順位を下げた理由は、そこにある。決勝で戦う準備ではなく、予選で決勝に残る準備では、この結果にしかならない。

 ただ、前回の北京五輪では5位。昨年、今年とも、決勝に残れるチーム力となってきた。次のステップに行く土台作りは、このロンドンで成功したと思う。以前は、予選突破もならなかった。それが、今は決勝で戦える位置にまでは来た。

 ロンドン後に田中選手がいなくなるなど、世代交代が進むだろう。若手を鍛える段階で、男子の技術を参考にするのもいい。特に弱点とされる跳馬と床運動は、共通の技も多い。以前、内村選手に、日本女子が跳馬をうまく跳べる方法を聞いたら、的確なアドバイスをしていた。世界トップの男子から技を盗むことも、この先、考えてほしいと思う。

 [2012年8月2日10時46分 紙面から]



五輪体操コラム

Nikkan Olympic Gymnastics Columns
体操評論・米田功

体操評論・米田功

アテネ五輪団体総合金メダリストの米田功氏が五輪体操を評します。

内村の強い思いに他が追いついていない[9日10:45]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム