日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
体操評論・米田功 五輪コラム 体操評論・米田功

 ◆米田功(よねだ・いさお)1977年(昭52)8月20日、ドイツ・ハンブルク生まれ。8歳から体操を始め、全国中学個人総合優勝。清風高から 順大に進学し、98年NHK杯で、03年全日本で個人総合初優勝を遂げた。04年アテネ五輪で日本男子主将として28年ぶりの金メダルに貢献。種 目別の鉄棒でも銅メダルを獲得した。

内村、「魔物」相手に冷静な分析

<ロンドン五輪:体操>◇1日(日本時間2日)◇男子個人総合決勝

 強くなることと、勝ちにいくこととは違う。そこを冷静にきちんと分析できるところが、内村のすごさだと思う。最強でありながら、五輪の舞台で、難度を落として勝ちにシフトできるのは、内村ぐらいだ。

 大会前にも、跳馬の難度を落とし、価値点7の「ヨー2」から6・6の「シューフェルト」に変更している。それも金メダルを見据えてのこと。跳馬で一呼吸おき、後半につなげるためのもので、前半が悪くても、跳馬に負荷がかからなければ、そこで切り替えられるという判断だ。

 ただ、「緊張などしない」と言っていた内村に、「五輪には魔物がすんでいる」と言わせる五輪の意味は重かった。これまで、勝負にこだわる必要さえなかった。美しく正確に、難しい技を演じ、着地をすべて止めることに集中していれば、結果は必ず優勝だった。しかしこの日は、その内村が勝負を優先させずにいられないほどの状態だったということだ。

 北京後の4年間、あまりにも順調に来すぎたのだろう。金メダルは当たり前という流れとムードができあがり、すべての人に緊張感がやや足りなかったのかもしれない。その緊張感を、五輪の独特の舞台で味わったときに、さすがの内村も魔物を感じたのだと思う。

 [2012年8月3日9時43分 紙面から]



五輪体操コラム

Nikkan Olympic Gymnastics Columns
体操評論・米田功

体操評論・米田功

アテネ五輪団体総合金メダリストの米田功氏が五輪体操を評します。

内村の強い思いに他が追いついていない[9日10:45]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム