日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



体操 Gymnastics
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日程&結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ
  7. メダル史

内村雪辱の金メダル!「夢みたい」/体操

金メダルを手にする内村(撮影・たえ見朱実)
金メダルを手にする内村(撮影・たえ見朱実)

<ロンドン五輪:体操>◇1日(日本時間2日)◇男子個人総合決勝

 日本の内村航平(23=コナミ)が堂々の演技を続け、92・690点で金メダルを獲得した。個人総合の日本勢の金メダルは84年ロサンゼルス五輪の具志堅幸司氏以来、28年ぶり4人目の快挙となった。負傷欠場の山室光史に代わって出場した田中和仁(27=徳洲会)もメダルこそ逃したものの89・407点で予選22位からジャンプアップの6位入賞を果たした。エースと主将の活躍で、ミスが続いて銀メダルにとどまった団体の雪辱を果たし、今後の種目別に勢いをつけた。体操男子は3日間の休養をはさんで、5日から3日間、種目別の決勝を行う。

 表彰台の内村は左手でメダルを持つと、何度も何度も確認するように見つめた。声援に右手の花束を挙げて応えたときも、自分の手からメダルを放すことはなかった。08年北京五輪から、この日のために厳しい練習を積んできた。「夢かと思いました。重たいし、一番輝いている。今も夢みたいで信じられない気持ちです」。09年から世界選手権の同種目を3連覇した王者にも、五輪のメダルは別格だった。

 会場には本物の内村が帰ってきていた。最初の競技はあん馬。他の有力選手も落下などのミスを重ねた鬼門で、この種目2位の15・066点を出した。団体でのミスが頭に浮かび「苦しかった」と話したが、同時に「あん馬を乗り切れれば最後まで行けると思っていた」と勝負をかける気持ちだった。

 つり輪でも15点台を出して迎えた跳馬の演技。スタート地点に立つ内村に、平行棒の演技を待つ田中和が「ガンバ」と声をかけた。スタンドからも「ガンバ」の声が響く。気負いのない表情でスタートすると、2回半ひねりから難度の高い前向きの着地。当然のようにピタリと止めると、会心の笑顔がはじけた。この種目トップの16・266点を記録した。その後も演技内容を微妙に調整し、致命的なミスなく高得点を重ね、全6種目で15点以上を記録した。

 表彰式後はスタンド応援団の元に行き、花束を母・周子さんへ向かって投げた。「やっとここまできたなとという思いと、いろいろな思いが込み上げました。親には一番の感謝の気持ちが込み上げました。チームのため、国民のために気持ちを強く持とうと思った。ただただ、ありがとうと言いたい」と感謝の気持ちを口にした。

 まだ23歳。16年リオデジャネイロ五輪には連覇がかかる。「これからも体操人生は続くので、演技で恩返しをしていきたい」。世界最高の演技を続け、日本を励まし続けていく。

 [2012年8月2日4時7分]



五輪体操コラム

Nikkan Olympic Gymnastics Columns
体操評論・米田功

体操評論・米田功

アテネ五輪団体総合金メダリストの米田功氏が五輪体操を評します。

内村の強い思いに他が追いついていない[9日10:45]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム