日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



体操 Gymnastics
  1. トップ
  2. ニュース
  3. フォト
  4. 日程&結果
  5. 選手名鑑
  6. 競技メモ
  7. メダル史

田中兄ちゃん、銀寸前落下…6位/体操

跳馬の演技をする田中和(共同)
跳馬の演技をする田中和(共同)

<ロンドン五輪:体操>◇1日(日本時間2日)◇男子個人総合決勝

 田中和仁(27=徳洲会)が、あと1歩でメダルを逃した。5種目を終えて金メダルを獲得した内村航平に続く2位につけていたが、最終種目のあん馬で落下。痛恨のミスで89・407点で6位に終わった。

 最後の2種目でメダルが逃げた。2位につけていた5種目の床で尻もちをついた。それでも2位に踏みとどまっていたが、最後のあん馬では落下した。すべての演技を終えた後はいすに座りうなだれた。田中和は開口一番「すいません」。あん馬の失敗を振り返り、「ここからだと思っていたが、立て直せなかった」と顔をしかめた。話すにつれ、徐々に目は潤み始めた。「もう1回自分の演技を見せるチャンスだった。団体の悔しさから切り替えたが、床とあん馬でつまずいた。悔しい」と続けた。

 内村に次ぐ個人総合の2番手として、山室光史とともに期待を集めた。本来なら山室がこの舞台に立つはずだったが、団体総合決勝の跳馬で着地の時に、左足甲を骨折。代役で得たチャンスだった。山室は大親友。「光史のためにもと思っていた」と悔しさをあらわにした。

 残るは種目別では平行棒に挑む。「そこでも自分らしい演技を心掛けたい。切り替えて集中して臨みたい」と懸命だった。今大会はチームの主将としてまとめてきた。最後の種目別で意地を見せる。

 ◆田中和仁(たなか・かずひと)1985年(昭60)5月16日、和歌山市生まれ。6歳で体操を始め、日大時代の07年ユニバーシアードで団体総合金メダル。09年全日本、NHK杯個人総合2位で同年世界選手権代表に初めて選ばれた。同選手権の平行棒で銅メダル。昨年の世界選手権では、妹理恵、弟佑典とともに3きょうだいで同時代表入りを果たした。166センチ、56キロ。得意種目は平行棒。

 [2012年8月2日9時26分 紙面から]



五輪体操コラム

Nikkan Olympic Gymnastics Columns
体操評論・米田功

体操評論・米田功

アテネ五輪団体総合金メダリストの米田功氏が五輪体操を評します。

内村の強い思いに他が追いついていない[9日10:45]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム