日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。



コラム Nikkan Olympic Column
体操評論・米田功 五輪コラム

体操評論・米田功

 ◆米田功(よねだ・いさお)1977年(昭52)8月20日、ドイツ・ハンブルク生まれ。8歳から体操を始め、全国中学個人総合優勝。清風高から 順大に進学し、98年NHK杯で、03年全日本で個人総合初優勝を遂げた。04年アテネ五輪で日本男子主将として28年ぶりの金メダルに貢献。種 目別の鉄棒でも銅メダルを獲得した。

記事一覧

内村の強い思いに他が追いついていない

[9日10:45]

 まず男子の団体総合は中国の強さが際だった。予選ではミスが出たものの、大事な決勝をノーミスで終えたのはすごい。日本は内村の団体への強い思いに、ほかの4人が気持ちで追いついていない部分を感じた。内村は前…[全文へ]

チーム内村で次こそ金

[7日09:21]

<ロンドン五輪:体操>◇5日◇男子種目別床運動決勝  内村がいい演技で締めくくれたのは、本当に良かった。種目別の1番手はほとんど事前のアップができない。体を動かさない状態が長く、盛り上がりも少ないた…[全文へ]

内村、「魔物」相手に冷静な分析

[3日09:43]

<ロンドン五輪:体操>◇1日(日本時間2日)◇男子個人総合決勝  強くなることと、勝ちにいくこととは違う。そこを冷静にきちんと分析できるところが、内村のすごさだと思う。最強でありながら、五輪の舞台で…[全文へ]

日本女子、世界トップ男子から技盗め

[2日10:46]

<ロンドン五輪:体操>◇7月31日(日本時間1日)◇女子団体総合決勝  女子の場合、団体総合の目標が決勝進出にある。昨年の世界選手権も同じだったが、予選は通るが、決勝では戦えない。ともに予選より決勝…[全文へ]

内村に負担かかりすぎ

[1日10:09]

<ロンドン五輪:体操>◇7月30日◇男子団体総合決勝  限りなく4位に近い銀メダルだと感じた。最後は内村の弱い部分が出てしまったのかもしれない。昨年の世界選手権の団体決勝でも同じことがあった。鉄棒で…[全文へ]

立派なエース!! 救世主的デビューが自信に

[31日09:15]

<ロンドン五輪:体操>◇29日(日本時間30日)◇女子団体総合予選  それぞれの選手が、きちんと役割を全うした結果が、団体総合の決勝進出につながったと思う。3種目で1番手を務めた新竹はノーミス。また…[全文へ]

“奇跡のミス”と考えよう

[30日11:10]

<ロンドン五輪:体操>◇28日◇男子団体予選  日本は流れが悪すぎた。1番手の田中和が鉄棒、床運動、あん馬の前半3種目でミスが出た。予選は4人演技して3人の合計点。しかし、1番手がミスをすれば、続く…[全文へ]



五輪体操コラム

Nikkan Olympic Gymnastics Columns
体操評論・米田功

体操評論・米田功

アテネ五輪団体総合金メダリストの米田功氏が五輪体操を評します。

内村の強い思いに他が追いついていない[9日10:45]



競技種目一覧
インフォ
ニッカンスポーツ・コム